アマゾンコインって何?ビットコインみたいな世界通貨誕生し、いずれ銀行も設立?

2014年8月28日

アマゾンのトップページにこんな文章が今掲載されています。

親愛なるお客様へ

Kindle Fireシリーズタブレットをお持ちの方は、500円相当のAmazonコインがお客様のアカウントにプレゼントされていることにお気づきになることでしょう。このコインを使って、Amazon Androidアプリストアで販売している有料アプリやゲームのほか、アプリ内課金アイテムを購入することができます。

Amazonコインは、コインの数量に応じて割引価格でご購入いただけます。Amazonコインを使うとアプリやアプリ内課金アイテムの購入が最大10%お得になります。なお、ただいま期間限定でAmazonコインのまとめ買いをさらに割引価格にて販売しており、Amazonコインを使ったアプリやアプリ内課金アイテムの購入が最大20%お得になります。

今日は

・アマゾンコインって何?
・ビットコインとは何が違う?
・世界通貨、アマゾン銀行誕生?
・購入方法は?
・何がお得?
・アマゾンギフトとの違い

などなど今後の世界経済、政府の話まで「妄想」も交えて書いていきたいと思います。w

*購入方法、アマゾンコインが買える場所はこちら→Amazonコインを購入するページ

まずアマゾンコインの特徴をまとめると以下の通りになります。現金やクレジットカードで購入するよりもお買い得になるようです。

・アマゾンコインの種類は500円、1000円、2500円、5000円、10000円がある。
・コインの価値(相場)は「1円=1アマゾンコイン」
・コインの有効期限がない。(残高などはあなたのアカウントに表示されるはず)
Kindle Fireシリーズを購入すると、もれなく500円分のアマゾンコインが付いてきて、アプリやゲームを購入できる。(体験版のような感じでアマゾンコインが使える)
・コインの数量に応じて割引価格で購入できる
・Amazonコインを使うとアプリやアプリ内課金アイテムの購入が最大10%お買い得になる。
・Amazonコインのまとめ買いをさらに割引価格にて販売中。Amazonコインを使ったアプリやアプリ内課金アイテムの購入が最大20%お得になる(期間限定)

となっています。

では、コンビニやアマゾン公式ホームページで販売しているアマゾンギフト券との違い、今後ギフト券はどうなるのか?という点も気になりますが、おそらくこれはこれでしばらく残るのではないかと思います。ただ、特典が付いているアマゾンコインに徐々に顧客が流れるのは必須で、いずれ洋服や靴、スポーツ用品から生活用品までアマゾンコインで購入できるようになるのではないかと見ています。(おそらく次はキンドルの電子書籍当たりが安くなるのではないかと勝手に予想しています)

そして、もう1つ気になるのが今後のアマゾンはどうなるのか?という点であり、金融関係者、経済アナリストの人達は特に注目しているのではないかと思います。

以前、仮想通貨ビットコインでお金を失った人達が沢山テレビのニュースなどで取り上げられましたが、このビットコインも今は別の形で復活しているそうで、これに目をつけた世界に経済圏を持つ巨大な組織「アマゾン」が仮想通貨「アマゾンコイン」で実際に取引を開始しました。今度はモノと交換できるので、実際に商品を購入することが可能であり、ビットコインとまたちょっと違った展開でもあります。(規模がまったく違い、アマゾンが巨大すぎる。ビットコインは一部の店舗で使用できる小さな市場でしか使えなかった。)

しかも、現金やクレジットカードでは割引が適用されませんが、アマゾンコインを購入後、商品を購入すればさらに割引価格となれば

「一気に仮想通貨が普及する可能性が高い」

のではないかと思います。

現在の世界の基軸通貨はドルですが、アマゾンは世界に経済圏がありますから、この取引額がさらに巨額になった場合、世界各国の政府や銀行などはどう反応するのか注目です。

アマゾンの創業者であるジェフペゾスは元々金融マンであり、大学卒業後にはウォールストリート金融機関のIT部門でトレーディング・システム構築に携わるなど金融に強い方ですから、今後の動向に注目です。

「新しい世界通貨、基軸通貨誕生なるか?」

また何かあればこのブログでお伝えします。


PAGE TOP