スキーにおけるシェーレンの治し方

ゲレンデでの大回りや大回転競技でなかなかシェーレン(*1)が治らない人が多いかと思います。私も未だにクセがたまに出るので、今日は私なりに治した方法を解説します。

*1:シェーレンとはスキー板が上記の写真のように平行ではなく、下記の写真のように内足に体重がかかり、Vの字にスキー板が開くこと。スキー滑走時における減速、転倒につながります。
medium_5379279816
*おおげさに言えばこんな感じです。なかなか画像が見当たらなかったので、シェーレンが多いジュニアの画像から引っ張ってきました。ごめんなさいねー。^^;板が上の画像に比べ平行でないことがおわかりになるかと思います。

まずはフリースキーで治していく

治し方は簡単です。(理論上は^^;)

「内足のスキー板のトップを内側に少し寄せる(または閉じる)意識で滑るだけ」

あまりにも当たり前なアドバイスですが、これで私は何度もフリースキーで練習し、だいぶ治ったのを覚えています。

ただアルペンスキー選手の場合、これをポールでやろうとしてもポールに意識が集中するので、まずはフリースキーで何度も滑り込んでください。また、自分自身で実際にスタンスを見ながら治す場合は

「誰もいない、ほぼ真っ平らの広いゲレンデで練習する」

こうすることで、内足のスキー板のトップを内側に持っていくということの意味がよくわかるかと思います。または今の時代はスマートフォンがあるので、誰かに動画を撮ってもらい、その場で確認する作業もありでしょう。

ただ、シェーレンは腰のポジションが後ろになったりすると、なかなか正しい操作ができないので、きちんとビンディングの真上にお尻を持ってきて、滑るようにしましょう。

ポールトレーニングでのシェーレンの治し方

フリースキーでシェーレンが治ったら次はポール内での修正です。ポイントとしては

1.攻めないこと
2.あくまでも内足のトップに意識を集中させて滑ること
3.次のターンの準備を早めようとして、手が前に行き過ぎないこと。
4.なるべくまっすぐなポールで練習すること(徐々に振っていくセットが好ましい。難易度が上がるとシェーレン癖が復活し、課題も見つかるため)

特に3番に意識が集中すると、内足に体重がかかってくるので、内倒の原因になりますし、シェーレンになりやすいフォームになります。あくまでも腰の位置をビンディングの真上に持っていき、内足に集中していくことです。

photo credit: movimientobase via photopin cc
photo credit: cojacal via photopin cc

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

ボディミラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分