photo credit: Bedroom Office via photopin (license)

ブログで稼ぐことはイコールアフィリエイトで稼ぐことです。私が過去記事から5000円とか2万円とか生まれるのは、検索結果で上位表示した結果であり、外部ではなく内部SEO対策が効いてるからでしょう。

 ですが、検索結果の上位に表示されても売れなければ成果報酬であるアフィリエイトから収入を得ることはできません。今回はそんなブログアフィリエイトで稼げる記事の書き方のノウハウを公開したいと思います。

オリジナルコンテンツかつSEOに効くのはやはりレビュー記事

多くの人は商品を買う前に検索でこんなキーワードを打って調べています。

「商品名+感想+ブログ」とか「商品名+使った感想+ブログ」

これをグーグルはビックデータで把握しているのか、ブログ記事を上位表示する傾向があり、なおかつ「ブログ」という単語が抜けてもレビュー記事はブログに多いので、結果的にブログという媒体=レビューが多いという認識があるのかもしれません。特に主婦が辛口で感想をブログに書くことが多いので、参考になる部分が非常に多いからだと思います。

 

なぜレビューが良いのか?

ポイントをいくつかまとめておくと、

1.私たちは日々何かしらの買い物をしているので、ネタ切れを起こしにくい。
2.買った人しかわからないので、ライバルが必然的に減る→結果上位表示しやすい傾向がある。
3.購入した人にしかわからないメリット、デメリットがあるので結果的にオリジナルコンテンツになりやすい

といった背景があるので、このブログも体験談が非常に多いのです。

売れる記事の書き方

書き方のルールは特にないのですが、私の場合は「売れる文章術」とかの本は読んでません。単純に購入前の人を集めているだけに過ぎず、買う前にある不安を取り除く、つまり

「感想」

を書いてあげて、テキストリンクを張るだけです。

 営業経験がある人はわかるかと思いますが、1つコツを言うのであれば

「購入ボタン、または商品へのテキストリンクを最後に貼る」
「なるべく早く購入してもらうよう誘導する」

ことは結構重要です。つまり、すぐに購入ページに移動してもらい、アフィリエイトリンクを踏んでもらう必要があるわけです。あとはAmazonだと24時間、楽天だと30日、レンタルサーバーや旅行商品は30日〜90日以内に購入してもらえればアフィリエイト収入になるので、

「いかにリンクを踏んでもらうか」

ということがブロガーまたはアフィリエイターの仕事になります。

 最後まで文章を読む人は間違いなく買う気満々の人であり、真剣に購入を検討している人です。なので私は割と最後にテキストリンクを持っていくのですが、関連するバナー広告も画面上部に貼るのも結構効果があることがわかっています。

Amazonや楽天は買った商品全部が報酬になるのでアクセス数のほうが重要

売り上げ=アクセス数にならないのがアフィリエイトの特徴ですが、Amazonと楽天、ヤフーショッピングに関してはアクセス数の方が重要です。つまり、

「いかに誘導するか」

が大事か?ということなのです。

 例えば私の場合、スキーヤーがかなり見ているので、スキー用品セールを紹介したりします。そして、3000人以上のFacebookから一斉にアクセスが来るので、300クリックくらい発生します。ですが、売れる商品はスキー用品ではなく、化粧品だったりするわけです。

 つまり、アフィリエイトは

「プログラムによって戦略が大きく変わる」

ので、Amazon、楽天、ヤフーショッピングはアクセス数で勝負する方が有利ということがわかっています。

 多くのプロブロガーさんがKindleセールを紹介するのは

「本を売るためではなく、リンク先でついで買いしてもらうため」

だからです。

 これが結果的に1記事で1000円とか数千円を生むわけです。これを30日繰り返すと結構良い収入になります。

 

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

8906199073_0bfd612234_b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分