海外旅行でキャンセル待ちで行ける可能性はどのくらいあるのか?と考える前に知っておくべきことがあります。それは

「二股をかける人が多い」

ということ。

 ゴールデンウィーク(GW)、お盆や夏休みなら尚更で、9割がキャンセルになったという話もあれば、ほとんどキャンセルがないという意見がネット上に沢山書かれています。ですが、人気のヨーロッパ旅行に関してはまずキャンセル待ちで空きが出る可能性はほとんどないという意見が多いですね。

 ヨーロッパ旅行は移動にも時間がかかるため、予め日程が決まっている人が先行してかなり前から予約するせいもあり、金額も高くなるのでお金と時間の両方がある人が欧州に行くのではないかと個人的に予想しています。

 一方、近距離であるアジア、例えば韓国や中国は1泊2日でも2泊3日でも行けるので、家族の都合で急遽国内旅行に切り替えれるのがアジアの海外旅行でしょう。極端な話2泊3日くらいの海外旅行ならハイシーズンで料金が高い夏休みや年末年始の時期でなくとも、週末や平日旅行で何とかなるので、そちらのほうが安くておトクだったりします。

 ヨーロッパやアメリカは夏休み、冬休みなど会社でまとまった休みでしかいけない人が多数を占めるので、キャンセルが出にくいという特徴があるのかもしれません。

予め確実に行ける航空券+ホテル、またはツアーを予約しておき、保険をかけ、本命旅行に賭ける

記事の冒頭で「二股をかける」と言いましたが、確実に夏休みやお盆、年末年始など混雑している時期に海外旅行をしたいのであれば、1つ保険をかけておくというのも有効な手段でしょう。例えば同じヨーロッパ旅行でも地中海を回るのか、北欧なのかでは随分と違いますが、どちらも魅力的な観光地が揃っているのも事実です。最低1つは確実にキープしておき、もし本命の旅行プランが予約できたら、保険となった旅行先をキャンセル料金がかからない期間でキャンセルするという方法もお金をかけずに確実に行きたいところに行く方法となります。

 最近ではフランスやベルギーのテロ事件などが多発していますから、こういった場所をあえて選んでいくというのも方法の1つかもしれません。(テロが起きればキャンセルが出ますからね)

 さすがに命が1番大事ですから、個人的にはこういった場所は避けますが、中にはニューヨーク911テロの時期にニューヨークに向かったという人もいましたから(飛行機誰も乗っていなかったそうです。乗組員のほうが多かったとか・・・)、あまりおすすめはしたくないですが、ある程度落ち着いたらこういった場所に海外旅行で行くというのも1つの方法でしょう。

 *ただし、観光客の多い場所は最近テロの標的になりやすいので、個人的には少しマイナーな国に出かける方が安全かと思います。ただ、お店やホテルなどはただでさえ観光客不足になっていると思うので、逆におもてなしされるというか、歓迎されるのではないかと思いますよ。

今はどこの国もリスクがあるので、海外旅行は慎重に選びたいものです。

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

PP_tobitatuhikouki_TP_V

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分