photo credit: Michele Benericetti via photopin (license)

アルペンスキーワールドカップ男子回転第1戦は先ほどフィンランドのレヴィでレースが終了し、マルセル・ヒルシャーが圧勝しました。日本からは湯浅直樹選手、大越龍之介選手の2名が出場し、残念ながら2人とも2本目に出場することはできませんでした。

日本勢の滑り

湯浅直樹選手は前半無難に滑ってきましたが、多くの選手がミスしてきた斜面変化のトラップに引っかかり、ターンが下に。すぐにリカバリーを試みますが、緩斜面の手前だったのが致命傷で、スピードに再び乗せることはできませんでした。ただ、J-SPORTSでの佐々木明さんとのスペシャル対談で湯浅選手が納得のいくターンが連続で描けていると言っていましたから、世界選手権に照準を合わせてオリンピックにつなげていく流れで仕上げていって欲しいなと思います。

 大越龍之介選手も急斜面でのミスが目立ちましたが、リカバリーも早くタイム差こそ付いていましたが、今まで見た中では1番スラロームに手応えがあったのではないかと思います。特に目立ったのは急斜面でのミスの際、リカバリーが湯浅選手より遥かに速かったことです。滑りの違いもありますが、リカバリーが早いということはフィジカルをかなり鍛えてきたのではないかと思われます。細かい修正というよりも、セッターの罠に引っかからなければ、今シーズン中にも結果が出るのではないかという滑りにも見えます。解説にもありましたが上半身の安定感があり、個人的にはフィジカル面がかなり変わった印象を受けており、今シーズンキッカケを掴めば大きく飛躍できるような気もします。

スウェーデン勢、復活近いか。

今大会最も注目したいのはスウェーデン勢でしょうか。マリオ・マットの弟が2位に入り、マルコも2本目前半で消えてしまいましたが、オーストリアチームの調子も上がりつつ、スウェーデン勢が上がってきています。中でもスウェーデンチームで1番速かったのは66番スタートのクリストファー・ヤコブセンという結果には驚きました。

 アラン・バクスター以来のイギリス勢デイブ・ライディングにも注目ですが、個人的にはスウェーデン勢復活なるか。非常に気になるところです。以下はリザルトです。

1 5 HIRSCHER Marcel 53.11 51.56 1:44.67
2 26 MATT Michael 53.74 52.23 1:45.97 +1.30
3 17 MOELGG Manfred 53.72 52.26 1:45.98 +1.31
4 6 NEUREUTHER Felix 53.53 52.55 1:46.08 +1.41
5 20 FELLER Manuel 54.23 51.92 1:46.15 +1.48
6 21 RYDING Dave 53.57 52.67 1:46.24 +1.57
6 10 HARGIN Mattias 53.85 52.39 1:46.24 +1.57
8 28 AERNI Luca 54.21 52.09 1:46.30 +1.63
8 2 DOPFER Fritz 54.00 52.30 1:46.30 +1.63
10 24 NORDBOTTEN Jonathan 54.12 52.23 1:46.35 +1.68
11 15 PINTURAULT Alexis 54.53 52.01 1:46.54 +1.87
12 66 JAKOBSEN Kristoffer 54.48 52.07 1:46.55 +1.88
12 29 HAUGEN Leif Kristian 54.24 52.31 1:46.55 +1.88
14 27 LAHDENPERAE Anton 54.77 51.90 1:46.67 +2.00
15 34 KRYZL Krystof 54.20 52.58 1:46.78 +2.11
16 31 GINI Marc 54.49 52.30 1:46.79 +2.12
17 23 BYGGMARK Jens 54.78 52.15 1:46.93 +2.26
18 19 GRANGE Jean-Baptiste 54.71 52.39 1:47.10 +2.43
19 9 YULE Daniel 53.75 53.42 1:47.17 +2.50
20 16 MUFFAT-JEANDET Victor 54.44 52.74 1:47.18 +2.51
21 14 THALER Patrick 54.15 53.08 1:47.23 +2.56
22 25 ZENHAEUSERN Ramon 54.35 52.90 1:47.25 +2.58
23 12 DIGRUBER Marc 54.20 53.07 1:47.27 +2.60
24 13 LIZEROUX Julien 54.21 53.09 1:47.30 +2.63
25 40 BALLERIN Andrea 54.47 53.08 1:47.55 +2.88
26 42 SCHMIDIGER Reto 54.81 53.02 1:47.83 +3.16
27 65 SIMONET Sandro 54.54 53.35 1:47.89 +3.22
27 46 HIRSCHBUEHL Christian 54.84 53.05 1:47.89 +3.22
29 45 STRASSER Linus 54.33 53.72 1:48.05 +3.38
 

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

5638334465_fecd6c17b8_b-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分