セルデン男子GSスタートリスト、リザルト、動画、J-SPORTS放送日程まとめ。女子GS上位選手と下位選手の滑りの違い。

ブログ移転
こちらにて現在運用しております→スキー場旅行記ブログ
2981161495_17e347f734_b (2)

photo credit: Perfect slopes… via photopin (license)

2015−2016アルペンスキーワールドカップも開幕し、長谷川絵美選手は初戦からW杯ポイント7を獲得しました。安藤麻選手もあと1秒38速ければ2本目進出なので、ピョンチャンオリンピックに向けてワールドカップでも階段を登って欲しいなと思います。

女子GSは2極化。緩斜面の滑らし方の違いがハッキリ出ている

それにしても優勝したブリノン・フェデリカ(イタリア)は急斜面の滑りが他の選手とは違い、縦に滑ってくる意識が高かったというのが個人的な感想です。逆に優勝候補のシフリンはちょっと板を回しすぎたかな?と思いました。また、スタートリスト上位選手と20番、30番の選手の決定的な違いは

「緩斜面の滑らし方が全然違う」

印象を持ちました。

 昨年、このブログでも約1ヶ月でGS1本目73番から9位になったアルペンスキー練習方法、トップ選手の滑り&トレーニング特集というコーナーを立ち上げ、腰の使い方を口酸っぱく書きましたが、上位選手は急斜面が終わってもさらにスピードが上がっていくよう、きちんと踏み込んでいくため一旦腰の位置を高くし、上下動を上手に使って推進力を高める滑りをしています。男子GSもこの辺に注目して、急斜面だけでなく、緩斜面の部分をよく見てほしいなと思います。

セルデンGS動画まとめ。もっと見たい人は下記のFacebookに登録を。

以下にセルデンGS開幕戦の動画をまとめていきます。すでにhidekiyanagida.comのFacebook上でもセルデンの動画を随時紹介していますのでワールドカップはもちろん、ナショナルチームの練習風景など動画で見たい人はこちらで「いいね」しておいてください。(スキー以外の読者もいるので他の情報も流れますが、ご了承ください)
*シフリンの1本目、2本目

セルデン男子大回転第1戦スタートリスト

さて、このブログの読者の方々はこの夏寄付をされた方も多いかと思います。金銭的に苦しい全日本ナショナルスキーチームですが、日本を代表する2人の選手に50万ずつ寄付が集まったのは、新しい選手育成費用の作り方を1つ示せたかな?と思っています。

*そのときの記事:成田秀将選手、石井智也選手2人合わせて寄付金100万突破。日本の新たな選手強化システム構築に着手します。

金額的には小さいかもしれませんが、日本のスキーの歴史の中では大きな一歩だったのではないかと思います。そんな2人の選手、成田秀将選手と石井智也選手が今日ワールドカップで戦います。当ブログの読者でもファンは多いと思うので今日という日は特に力が入りますね♩

 守る側ではないので、ガンガン攻めていってほしいなと思います。

1 HIRSCHER Marcel
2 DOPFER Fritz
3 LIGETY Ted
4 PINTURAULT Alexis
5 FANARA Thomas
6 NEUREUTHER Felix
7 MUFFAT-JEANDET Victor
8 NANI Roberto
9 EISATH Florian
10 JITLOFF Tim
11 SANDELL Marcus
12 HAUGEN Leif Kristian
13 CAVIEZEL Gino
14 KRISTOFFERSEN Henrik
15 SCHOERGHOFER Philipp
16 JANSRUD Kjetil
17 SVINDAL Aksel Lund
18 FAIVRE Mathieu
19 LUITZ Stefan
20 DE ALIPRANDINI Luca
21 BORSOTTI Giovanni
22 NOESIG Christoph
23 ZUBCIC Filip
24 TORSTI Samu
25 MYHRER Andre
26 PLEISCH Manuel
27 BLARDONE Massimiliano
28 MURISIER Justin
29 ZURBRIGGEN Elia
30 FORD Tommy
49 成田秀将
56 石井智也

1本目、2本目のリザルト速報はこちら

結果がわかり次第、改めてブログで情報をまとめると思いますが、とりあえず国際スキー連盟のホームページが1番早いのでこちらで速報を見たい人は見てください。

J-SPORTSアルペンスキーワールドカップセルデン男子GS放送スケジュール&レヴィ男子SL開幕戦

このあと生放送でセルデンの男子GSが放送されます。再放送もあるので以下にまとめておきますが、録画をする人は一応J-SPORTSのホームページでも放送時間を確認してください。以下の情報は2015年10月25日午前9時半現在のものです。

生放送:10月25日(日)午後05:15 – 午後10:25 J-SPORTS3
録画放送:
10月26日(月)午後04:00 – 午後07:00 J-SPORTS1
10月26日(月)深夜 00:00 – 深夜 03:00 J-SPORTS 4
10月28日(水)深夜 01:00 – 午前04:00 J-SPORTS 1

ハイライト:
11月01日(日)午前10:00 – 午前11:00 J-SPORTS 1
11月02日(月)午後06:00 – 午後07:00 J-SPORTS 1
11月04日(水)午後05:00 – 午後06:00 J-SPORTS 2
11月05日(木)午前06:55 – 午前07:55 J-SPORTS 1
11月05日(木)深夜 00:30 – 深夜 01:30 J-SPORTS 4
11月06日(金)深夜 02:55 – 深夜 03:55 JSPORTS 1
11月08日(日)午後09:00 – 午後10:00 J-SPORTS 4
11月09日(月) 午前10:50 – 午前11:50 J-SPORTS 1
11月09日(月)午後11:00 – 深夜 00:00 J-SPORTS 4
11月12日(木)午後04:00 – 午後05:00 J-SPORTS 4
11月14日(土)午後11:00 – 深夜 00:00 J-SPORTS 2

おまけ:フィンランド・レヴィ男子回転の放送日程
11月15日(日)午後05:00 – 午後11:00 J-SPORTS 1 生放送

他にも選手やメーカー、最新の動画などアルペンスキーに関するニュースを下記のソーシャルメディアでお伝えしているので、気になる人は購読してください。

スポンサーリンク

友達にシェアする

更新情報を受け取る

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>