アマゾンギフト券売っているところはココがおすすめ!15円〜3,000円、5,000円、1万円、2万円、10万円、50万円まである!

photo credit: The Longest cake. via photopin (license)

アマゾンギフト券ってコンビニでも購入できますが、amazon.co.jpでも販売されており、いろんなバージョンが売ってますね。今回はどんなギフト券の種類があるかちょっと調べてみたので、価格(料金)と一緒にご覧ください。

*売っているところ、取扱店はこちら(購入方法、価格設定などもこちら)

価格は何種類あるの?どんなメリット、デメリットがあるの?

アマゾンのギフト券はいろいろ種類がありますが、価格帯はすごい細かく

「15円〜50万円まで設定可能」

です。

 っていうか、15円で何アマゾンで買える?と思ってしまいますし、50万円分のアマゾンギフト券プレゼントする人はいったいどんな人なのかちょっと興味があります。(もし10万円、20万円、30万円、40万円、50万円分と高額なギフト券をプレゼントした方は、なぜ高額なギフト券をプレゼントしたのか理由を教えてください。すごく興味があります^^;また、「こんなオシャレなプレゼント方法あるよ!という方いましたら、コメント欄に書き込んでくれると嬉しいです。)

 ちなみに、コンビニで売っているのは3000円、5000円、1万円分がメジャーなところではないかと思います。また、種類については

・Eメールタイプ
・印刷タイプ
・グリーティングカードタイプ
・カードタイプ
・Eメールのギフトボックスタイプ

があります。

 また、プレゼントのデザインとしては、

・バレンタインデー(2月14日)
・誕生日(通年使えますね)
・好きな画像を貼付けて送るタイプ
・ありがとう
・結婚、婚約祝い
・多目的
・出産・内祝い(通年タイプ)
・卒業・入学祝い(3月)
・Kindleユーザー向け専用タイプ
・花のデザイン
・景品、二次会、パーティー用
・クリスマス(12月24日、12月25日)
・LOVE
・お中元、お歳暮
・お年玉、お正月バージョン
・法人向け

があります。便利ですね〜。

 今度はメリットとデメリットを書いてみようかと思います。

メリット:
・クリスマスやバレンタインデーなどは最初からデザインも施されており、あまり深く考えず選ぶことが可能
・何も言わず、さりげなくEメールボックスにプレゼントを贈るというのもオシャレなやり方かも。(相手にもよるかな〜)
・荷物にならない
・お金ではなくギフト券という形であり、なおかつ通販なので、相手は1.好きな時間に2.好きなだけ予算内で買い物ができる3.相手は欲しいものを自分で選ぶ権利が発生する
・背伸びせず、予算内のプレゼントとなる。相手にとっても気軽で「気が重くならないプレゼント」になる。(1000円とか2000円は友達には最適かも)
・クレジットカード決済登録をせずアマゾンで買い物できるので、万が一被害にあっても予算内で済む。プレゼントであれば、相手方の金銭的リスクはなく、相手のお金を失うこともない。

というメリットもあります。逆にデメリットは

・紙とかメールなので、ちょっと素っ気ないかも。長年つきあっているカップルや夫婦、家族や友達にはおすすめなプレゼント
・有効期限が1年という点。(十分か)

といったところではないかと思います。

コンビニ以外の予算でアマゾンギフト券を買いたい人は通販サイトがおすすめ

コンビニで売っているのを買おうとするとき私は躊躇うことがあります。例えばこんなときです。

「3000円分もいらないんだよな〜。500円分のアマゾンのチケットないかな?」

こういうときにもネットで前払いしておけば、500円分や1000円分のネット通販をアマゾンで楽しむことができます。プレゼントはもちろんですが、クレジットカード決済が怖いという方は、アマゾンギフト券で買い物をすると安心ですよ。1500円分なら被害にあっても最大1500円しか被害にならないので。少なくとも私はそうやってアマゾンでショッピングをしていますよ。

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

3430838597_ef4b09cb58_b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分