今すぐできる!iPhoneの容量を簡単に増やす、減らす方法

iPhoneは16ギガ、32ギガ、64ギガ、128ギガなど少量から大容量のラインナップが揃っています。ですが、4、4s、5、5s、5c、iPhone6(plus)などすでに販売されていモデルはもちろん、今後発売されるであろうiPhone6s、iPhone7などもせいぜい128ギガで限界ではないかと思います。(500ギガ、1テラバイトもそのうち発売されたりして・・・^^;)なので、このページでは

1.今すぐiPhoneの容量をなんとか減らしたい(または増やしたい)
2.無料でディスク容量増やしたい

という人のために私が実際にやっている方法を簡単にまとめておきます。

iPhoneの容量を減らしたり、増やす具体的なやり方

2014-11-26 12.04.46

やり方はいくつかあります。

① 自分で手動で画像や動画を削除する(1番面倒だけど確実)

② 外付けハードディスクに写真や動画を入れて自宅で保存する。(なお、外付けハードディスク自体が壊れデータが消えた経験があるので、2台持つか、以下のクラウドサービスを利用してリスク分散するというのを個人的にはお勧めしたいです)

③ 無料のクラウドサービスを複数利用する。(*クラウドとはスマートフォンからコンピュータ会社のコンピュータにあなたの画像や動画、文章を保存できるサービスのこと。賃貸物置サービスのような原理で、1社5〜15ギガバイトまで無料でデータを置いておくことが可能で、スマホの容量を軽くすることが簡単です。)

私の場合、アマゾンonedrive(MSN)、グーグルドライブ、写真専用ならDropboxやインスタグラム、ブロガーならFlickrなど様々な無料サービスを活用することで、30ギガから50ギガバイトをクラウドに保存し、いつでも瞬時に写真や文章をスマートフォンで見ることができます。動画はグーグル、写真はDropboxやインスタグラム、文章やメモはevernoteを活用してます。それぞれの特徴も下記にまとめておきます。

*Androidも可能なので、アンドロイドユーザーは検索でサービス名を検索してください。以下はiPhone版です。
1.アマゾンクラウド
こちらは5ギガバイトまで無料。アプリをダウンロードし、写真などを保存ででき、容量を追加するときは追加料金を払う仕組みです。

2.Google ドライブ – Google の無料オンライン ストレージ – Google, Inc.
5ギガバイトまで無料。動画も簡単に保存できます。

3.Evernote – Evernote
ビジネスでは必須のツールと言えるevernote。何か忘れないようにするときなどはここに保存すると便利です。ペンだと手紙でオンラインにメモを保存でき、スキャンスナップを使うと領収書などあっという間にオンラインで保存でき、タグ付けすると検索で領収書やレシートを見つけることも可能です。確定申告や決算で紙を1枚1枚探す苦労ともサヨナラできますw

4.Instagram – Instagram, Inc.
こちらは写真保存先として利用している人多いです。

5.FlickStackr – Flickr – iPont Software
Flickrも同様。こちらはブロガー同士の写真共有先として定着しています。

6.Dropbox – Dropbox
私も愛用のDropbox。5ギガバイトまで無料で、ここにアップしたらiPhoneの画像をすぐ削除することで、いつまでもiPhoneの容量が軽い状態を保てます。

7.OneDrive – Microsoft Corporation
こちらはポータルサイトのMSNからも見れます。最近こちらは差別化するためか、他社の3倍のディスク容量である15ギガバイトまで無料で使えます。また、マイクロソフトならではのサービスとも連携しており、エクセルやワードなどを移動中の電車で続きを作業したい人などはこちらもお勧めします。

代表的なサービスはこんなところです。

 スマートフォンの容量を増やしたい、減らしたいのであれば無料ですので、ぜひクラウドサービスを使ってみてください。

1番安い16ギガのスマホでも良くなる

私は64ギガのiPhone6plusを使っていますが、128ギガバイトにしなかった理由はクラウドで十分足りるからです。なので、50ギガバイトくらいしか使わないという人は、逆に1番安い16ギガバイトでスマホ本体を購入して、クラウドで保存するという方法もあり、初期投資額を減らしてスマホ本体を購入するのも1つの方法でしょう。

 これから新機種のスマホを買う人は、このようなサービスも多数あるということを頭に入れて購入すると、より賢い買い物ができるのではないかと思います。

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

2014-11-26 12.04.37

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分