シフリン、スピード系デビュー延期へ。バルガルディナはバーンを保つためトレーニングラン2日目中止

photo credit: Aspen Snowmass via photopin cc

11月にこのブログでも速報でお伝えしましたが、本来であればフランス・バルディゼールでスーパーGのワールドカップデビューを予定していたのですが、結果として延期することを発表しました。

過去記事1:速報:ミカエラ・シフリン(USA)、オールラウンダーに?早ければフランス・バルディゼールから高速系デビュー
過去記事2:ミカエラ・シフリン、FISレーススーパーGの動画

理由は「技術系種目の成績が思わしくないから」だそうで、母国アメリカで行われるアルペンスキー世界選手権での勝率を上げるための選択と思われます。

 本来であればバルディゼールでしたが、雪不足のため急遽スウェーデンのオーレに会場が移動し、少し考える時間ができたのではないかと思います。ちなみにここまでのシフリンのワールドカップリザルトを振り返ると以下のような成績です。

セルデンGS:優勝
レヴィSL:11位
アスペンGS:6位
アスペンSL:5位
オーレGS:10位
オーレSL:4位

となっており、セルデン以降表彰台すら上がっていない状況です。ただ状況次第では再びスーパーGデビューの話が出ると思いますので、そのときはこのブログでもお伝えします。

 一方、男子の方ですがバルガルディナは雪不足でギリギリ開催に間に合わせた感じです。現地では雨も降っているようなので、バーンコンディションを保つため2日目のトレーニングランは中止となっています。何らかの動きがあればこちらもこのブログでお伝えしていきます。

SNSとブログ別々に違う情報を流すことがあります。両方ご覧下さい。

stadium-235947_640

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅、本、ブログ運営、アルペンスキーについて書いてる個人の趣味サイトです。ツイッターにはブログノウハウ系のつぶやきもあります。 戦績(公認大会): 大回転9位 回転7位 (基礎スキー検定1級所持) マラソン: 5km:17分24秒 ハーフ:1時間28分52秒 フル:3時46分