沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

バニラエアで間違えた場合の訂正方法。人数追加、名前、スペル、日程変更に便利。

photo credit: rail02000 DSC_3865 via photopin (license)

バニラエアの航空券を公式ホームページ、エクスペディア、DeNAトラベル、スカイチケットで氏名や英語の綴り、年齢、人数、日程などを間違えた方、変更・キャンセルをしたい方、その他旅行代理店でミスした人は下記から変更、キャンセル後、再予約が可能です。

*変更・取消のやり方まとめ
JTB エクスペディア DeNAトラベル 日本旅行 J-TRIP HIS 阪急交通社 東武トップツアーズ るるぶトラベル ヤジキタ エイビーロード イーツアー スカイチケット じゃらん

なお、詳しいやり方は下記で解説しますので、お好きなところを目次から選んで手続きをしてみてください。

スポンサーリンク

間違えた場合の対処法をまとめてみる。

以下は訂正・キャンセル方法のまとめです。

バニラエア公式ホームページで間違えた方

バニラエア公式HPで片道・往復航空券を空席予約された方は変更できるチケットとできないチケットの両方があります。概要を公式サイトから引用しておくので参考にしてください。

・予約便の変更に当たっては手数料と航空運賃の差額が発生します。
・運賃が下がる場合であっても差額の返金は致しません
・わくわくバニラは予約便の変更ができません。
・ご利用便の変更は、国内線が出発時刻の90分前まで、国際線が出発時刻の120分前まで。
・電話および空港カウンターにて変更される場合には別途手数料がかかる。
・行き先の変更、および搭乗者名の変更はできません。
・便・日付の変更手数料はコミコミバニラが500円〜1000円、シンプルバニラは4000円か8000円(2016年現在の価格)
参照:https://www.vanilla-air.com/jp/guide/manage-booking(手続きもこちらです)

エクスペディアの場合

エクスペディアでバニラエアを予約された方はこちらから可能です。なお、こちらの旅行代理店の場合、予約の変更・キャンセルする場合

「運賃規則上、キャンセル・変更が可能な場合は、各LCCのホームページまたは各 LCCのコールセンターにて可能です」

と書いてあるので、上記のバニラエア公式サイトから変更手続きになるかと思います。航空券番号などを用意して手続きを進めてください。なお、ホテルと一緒に予約された方はエクスペディアに問い合わせる必要があるかもしれないので、一応コールセンター、メールで聞いてください。

スカイチケットの場合

スカイチケットの場合、国内線と国際線では違ってきます。国内線は100%キャンセル料がかかり、返金も不可なので購入した時点でリスク発生します。ただし、遅延、運休、欠航になった場合は免除されるようです。

 また、国際線に関してはお支払い後は変更不可となっているので、一旦解約し、航空券を再び購入する必要が出てきます。手続きに関する情報は下記のスカイチケット公式ホームページから入手してください。

*国内線はこちら
*国際線はこちら

DeNAトラベルの場合

DeNAトラベルでバニラエアを予約した場合は

・変更は有料で可能
・取消(キャンセル・解約)する際は払い戻し不可能
*どちらも国内線の場合

こちらに記載されています。

※ 変更の際は、「変更手数料+運賃の差額」が必要となります。
バニラエア 予約センター お問い合わせ窓口
0570-6666-03 (通話料有料)
営業時間 10:00~18:00 月~金曜日(祝祭日、年末年始を除く)
予約センターで変更を行う場合は、予約センター手数料が別途発生いたします。

なお、国内線・国際線に関する航空券・ツアーの変更、キャンセル、申し込みに関しては以下から可能ですので、こちらからどうぞ。

*国内線はこちら
*国際線はこちら

こんなときに便利

入力を間違えたときはもちろんですが、

・急な予定変更で出発日を変えたい
・1人、2人人数を追加したい

ということもあるかと思います。そんなときも上記の連絡先に問い合わせてみるのも良いでしょう。

 バニラエアは東京・成田、札幌・新千歳空港、大阪・関西国際空港、奄美大島、沖縄、台湾(台北と高雄)、香港、ホーチミン、セブ島に直行便が就航していますからお盆や夏休み、年末年始の家族旅行、春休みの卒業旅行にはピッタリです。もちろん一人旅にもおすすめの航空会社でリゾートに特化したところが特徴です。

 上記の旅行代理店各社ではホテルも充実してるので、航空券+ホテルという組み合わせならさらに安くなる可能性が高いので、ぜひ旅の計画を練ってみましょう。