初心者でも1日でできるプロレベルデザインのウェブサイト(WordPressブログ)を作成する方法

2016年5月23日

ウェブサイトの作りが難しい、委託費用をコストカットをしたい、そんな人いませんか?

この記事では

・プロレベルのデザインのウェブサイトを今すぐ持ちたい人
・.comなどのカッコいい独自ドメインでブログやホームページを運営したい人
・とにかくブログを立ち上げたい人
・製作会社に委託している管理費用をカットしたい方

のために画像付きで自前のブログを立ち上げる方法を解説しています。早い人だとクレジットカード決済後、作業時間は1時間程度なので、1時間〜2時間程度あれば企業並みのウェブサイトを運営することができます。また、このブログの読者は

・ブログで稼ぎたい
・ビジネスをやっており、収益を上げたい

という人が多いと思うので、ITがまったく駄目な人でも最短1時間で本格的なブログメディアを作る方法をまとめておきます。ちなみにWordPressとは

・プロのデザイナーが無償で2000種類以上のデザインを提供している。
・カード決済、カートなど通販を運営している人、予約フォームなどもできるので宿泊業の方にもおすすめ

です。

一応、初心者のために0から教えてるので、下記の目次から必要な箇所を選んで読みたいところから読んでください。

ウェブサイト公開に必要なものをまず揃える。

インターネット上で自分のホームページやブログ(どちらもまとめてウェブサイトと呼びます)を開設して、情報配信したいという人はまず下記のものを揃える必要があります。

必要なもの1:独自ドメインをまずは取得する。

○○.comとか○○.netなどのウェブサイトを見るときに必要なアドレスのことで、これをまず決めないといけません。紙などに理想のアドレスを第1候補から第5候補くらい作っておき、こちらで実際に名前を検索します。ちなみに私が利用しているお名前ドットコムではアドレスごとによって値段が変わるので、お名前.comにて料金が出ているので詳しくは公式ホームページで確認してください。(私が使用するのはドットコムで、だいたい年間1000円以下の維持費がかかります。1番無難で覚えてもらいやすいドメインかと思います。)

独自ドメインを取得する際に気をつけるべき点

独自ドメインには1つにつき30円からなど安いものがあります。価格が違う理由はいろいろありますが、基本的に安いドメインは購入すべきではないというのが私の考えです。

なぜ安いドメインを買うべきではないかという理由ですが、答えは簡単で

「儲けるだけのサイト、テストサイトなど質の低いホームページやブログには安いドメインを使用する傾向があるから」

です。逆に高いドメイン、例えば.jpなどは取得費用に3000円くらい、年間維持費も同じくらいの金額がかかります。こうすることで、変な悪質な業者に使われにくいという傾向が強いので、サイトを格付けしている(順位付けしている)グーグルは、検索結果において有利に働く可能性があります。グーグルは公式にはこのことを発表していませんが、格付けをする際1番簡単に良い業者、悪い業者などを判断する材料としてドメインも考慮するという考え方は十分有り得る話だからです。

中国産と国産ではイメージが違うように、ドメインによっても「客層」が違うので、一般的な.comや.net、.jpが1番無難なアドレスだと思います。多くの成功しているサイトもこの3つのドメインに集中しているので、この3つから選ぶ方が無難でしょう。

必要なもの2:レンタルサーバーを借りる

次に必要なものはレンタルサーバーです。レンタルサーバーとはわかりやすく説明すると

共用サーバー:マンションのような集合住宅
専用サーバー:あなただけが住む一軒家

と思ってください。

ブログやホームページを開設するということはお店を開くような感覚になります。多くのテナントが入っている共用サーバーが良いのか、自分で全部建物を独占できる専用サーバーなのかによって値段が大きく変わります。専用サーバーになると1番安い価格でも月額1万円ほどしますので、ほとんどの企業や個人ブロガー、自営業者は共用サーバーになります。

目安としては

「共用サーバーは1日のアクセス数3万くらいまでは耐えられる。専用サーバーは1日1万アクセスを超えた当たりで検討すべき」

でしょう。

ちなみに私の使用しているお名前.com“"

「1日5万アクセスでもダウンしなかった」

ことを2006年のトリノオリンピック時に確認済みです。あれから10年以上経ちましたから、今はもっと耐えうるサーバーになってるかと思います。また、東日本大震災時でもまったくサーバーは問題なく稼働してたので、月額1000円以下ですが、サーバーの基本的なスペックは十分備わっています。このブログも1日1万アクセスを超えたときでも十分稼働しているので、15年間このレンタルサーバー会社を私は使用しています。

ただし、共用サーバーは他の人も一緒に使用しているので、人気ブロガーが万が一入居していたら、表示速度が遅くなったりするのでそこが唯一のネックです。ですが、15年間使ってきてそういったことはほとんど経験していないので、問題ないかと思います。(911テロや戦争などが起きると敵国またはテロ集団から大量アクセスを送り込まれ、一時的に表示速度が遅くなることはあります。これは大手企業であるフェイスブックなども同様で、共用、専用サーバーどちらも同じリスクがあるので、注意しようがない問題です。なので、ツイッターやフェイスブックも運用しておくと読者にお知らせできるので、別のチャンネルも用意しておきましょう)

なお、私が愛用しているのは共用サーバーSDという商品です。

お名前ドットコム共用サーバーSDはWordPressも簡単設置が可能♩

ホームページやブログを作成しようとして挫折したなんて人もきっと多いはず。昔はHTML言語を学ぶ必要があったり、ブログならphp言語なども学ぶ必要があったり、ftpソフトというパソコンでデザインしたブログやホームページを公開する方法を学ぶ必要がありましたが、

「今はボタンを押していくだけで作成可能」

です。

プログラミングなどの知識、ftpソフトなども覚えなくて良いので、以下に解説している手順に従い、洗練されたプロレベルのブログを公開して欲しいなと思います。

必要なモノ3:料金の支払い方法とWordPressブログの年間維持費はいくら?

1番早く解説する方法はクレジットカード決済です。だいたい1時間以内に決済完了メールが来るはずです。他にもお名前ドットコムには銀行決済、コンビニ払いがあり、銀行決済だと午前に振り込めば12時以降、午後に振り込めば7時以降くらいに決済完了メールが来ます。また、コンビニ払いはだいたい振込後2時間〜3時間くらいで決済完了メールが来るので、そのメールが来てから、ブログ作成に取りかかるという流れになります。

作業の効率を考えるのであれば、パソコンで見るメールアドレスで申し込んだ方が後々作業がやりやすくなるので、PCで見ているメルアドで申し込んだ方が良いでしょう。

ちなみに、お名前ドットコムで私がこのブログを運用していますが、年間維持費は以下の通りです。

*維持費
ドメイン代初期費用:680円(.comアドレスになります。2年目以降は更新料も入ってくるので、2000円弱請求されます。ドメインは国際的な知的財産管理になるので、維持費が多少取られるのです。といっても小学生のお小遣い程度で済みますけどね。)

共用サーバーSDの価格:1300円(これは私が1ヶ月払いを希望しているからです。1年一括払いだと月額980円、3年一括払いを選択すると月額900円まで値下げされます。ちなみに最初の2ヶ月はたいてい無料になるので、この期間にブログの公開にトライしてみたり、いろいろ試してみるのも良いです。駄目なら解約すれば良いだけですからね。損をしても1000円〜2000円程度の負担で済みます。)

実際に申し込んでみよう。詳しい手続き、決済を画像付きで解説

さて、準備ができたら実際に手続きを踏んでみましょう。まず最初にやる作業は独自ドメインが空いてるか空いてないかを検索で調べます。ここではおそらく日本一の種類があるお名前.comを例に解説します。なお、1つ注意して欲しいことがあります。

ドメインの取得したところとレンタルサーバーを借りたところはなるべく一緒にする

というのが鉄則です。

別々に取得する方法もありますが、個人的には面倒だったので一緒に申し込みました。その方が公開までの手続きが簡略され、非常に早くなります。

ドメインとレンタルサーバーを一緒も申し込む。一緒の方がドメイン代1年無料になり、サーバー代金も2ヶ月分無料になるのでおトクです。

さて、ここからはドメイン登録の仕方とサーバーの申し込み方法を解説していきます。まずはお名前.com“"をクリックして、下記の解説を見ながら手続きを進めてください。

申し込み方法解説

お名前ドットコムの申し込みの仕方がわからない!という人は下記の解説を見ながら進めてみましょう。
1.まず申し込みボタンを押す
2.SD-11プランを選択する
最初は11プランで十分です。ブログに掲載する画像など200ギガバイトまで保存でき、使用できるので、私はこれで十分でこのプランを使用しています。また、万が一容量が一杯になった場合は400ギガバイトのSD-12もあるので、こちらに移行すれば良いと思います。

スクリーンショット 2016-05-22 9.09.59

ちなみに「賢威パック」とは、SEOに強いデザインが付属として付いてくるプランですが、今は無料でなおかつもっと強いデザインもあるのでそちらをおすすめします。(実際に私は24800円でこの賢威という商品を使ったことがあります。昔は良かったのですが、デザインが地味すぎるので止めた方が良いです。詳しくは下記で解説します。)

3.「→」を1クリックし、料金プランを選択して「決定」を押す
スクリーンショット 2016-05-22 9.12.55

4.ドメイン登録をする
スクリーンショット 2016-05-22 9.55.58
画面左側の持っていない人向けのボタンをクリックする。

5.あなたの希望するドメインに空きがあるか検索する
スクリーンショット 2016-05-22 9.57.42
上記の画面には主要なドメインしか出ていませんが、人気サイトが使っている.comや.net、.jpがあるので、無料で登録できる種類は十分ではないかと思うのでこちらでまず検索してみます。

ここに表示されていないドメインで登録したいという方はこちら“"で検索してみてください。ただし、こちらのほうは1年間無料にはならないはずですので、ご注意ください。

6.ドメインを選択する
スクリーンショット 2016-05-22 10.03.15

ドメイン名「hidekiyanagida」で検索した結果です。「このドメインはご利用できません」というのはすでに所有者がいるので、取得することは不可能です。なので他のドメインを選択します。この画面でまずドメインの最終選択を行ないます。

7.会員かどうかを選択
初めてブログやホームページを開設する人、またはお名前ドットコムを始めて利用する人は「いいえ、会員IDを持っていません。」を選択しましょう。

スクリーンショット 2016-05-22 10.05.24

8.氏名や住所、支払い方法選択画面が出るので、入力する。

9.申し込みボタンを押す

という流れで終了です。続いて、設置方法を解説します。

プログラミングの知識不要で最短1時間以内にWordPressを公開する方法

ではここからはプログラミング言語やFTPの知識も不要なネット初心者のためのWordPressを短時間で公開する方法を手順を追って説明します。

公開までの具体的な手順解説

以下の通りに進めてください。もし、手順方法や画面がリニューアルされた場合は連絡いただけると助かります。

まずネームサーバーを変更する。

1.まず「サーバー設定完了」の通知がメールで届くのを待つ。だいたい申し込みから3時間〜72時間くらいですが、目安としては

・クレジットカード決済:申し込みから2時間後
・コンビニ決済:レジで支払い後、3時間後〜5時間
・銀行振込:午前中に振り込めば夕方、午後に振り込めば19時〜21時くらい

でした。(あくまでも個人的な体験に基づいた数字です。年末年始やお盆休みなどは会社が休みなので、遅れる場合があります)

  また、この「サーバー設定完了」のメールには手続きの手順も出ていますので、それに従ってやることもできますが、わかりにくいと思うのでこちらでも画像付きで解説していきます。

2.ネームサーバーをまず最初に変更する。
ネームサーバーの意味はわからないのですが、とりあえずまずこれを変更しないと公開されないので、まずは「サーバー設定完了」のメールにある下記のネームサーバーに切り替えます。

プライマリネームサーバー………….: dns01.gmoserver.jp
セカンダリネームサーバー………….: dns02.gmoserver.jp

①:ドメインNaviに移動 。IDとパスワードを打つ。
②:画面左上のNAVI TOPをクリック
③:画面を下に移動すると「ドメイン一覧」があるので、右側の「ネームサーバー変更」ボタンを押す。
④:「登録情報は正しいので手続きを進める」という青のボタンを押す。
⑤:共用サーバーSDの「設定する」をクリック。そしてもう一度「設定する」をクリック。これで設定完了です。

次にWordPressを公開する準備を進める。

ネームサーバー変更完了メールが来たら、次はいよいよWordPress公開の手続きです。以下の手順を追って作業を進めてください。

1.こちらからまずログインする。
2.画面左の「ご利用サービス確認」をクリック
3.画面右側の「SD-11」プランの右にあるコントロールパネル欄にある「ログインする」をクリック

*この画面が出ます。この画像を参考に説明していきます。
スクリーンショット 2016-05-23 4.15.12

4.まず右下にあるMySQLをクリック→右下にある「作成」をクリック→データベース名など全てコピペして見やすいようにメモなどをしてください。これを押すことでブログの文章データを蓄積するスペースを作成します。

5.画面上にある「ホーム」ボタンをクリック

6.「FTP・SSHアカウント」をクリック

7.上から4段、SSHサーバー名までをメモしておく→また画面上部にある「ホーム」ボタンをクリック

8.「wordpressインストール」をクリック後、「新規インストール」というボタンをクリック

9.画面右側の作成ボタンを押す

スクリーンショット 2016-05-23 4.21.17

*次にこの画面が出てきます。
スクリーンショット 2016-05-23 4.22.18

10.ブログURLの欄はそのまま空欄でオーケー。
11.データベースは先ほどメモしたものを選択
12.テーブル接頭語はそのままにしておく
13.ブログタイトルはあなたの好きなタイトルにしておく。後で変更できますので仮タイトルでも大丈夫です。
14.「管理者パスワード」はあなたが好きに決めて良いです。これもあとで修正可能です。(設定ルールとして「パスワード」は半角英数、記号( # $ & )の組み合わせにて設定ください。)
15.管理者メールアドレスはあなたのメールアドレスを入力
16.確認画面へ進むをクリック
17.決定

これでWordPressが完成するので、決定ボタン後に出る詳細をメモしておき、URLをクリックすると管理画面のログイン、パスワードが出てきます。あとは無料ブログのように投稿して記事を書いたり、プロレベルのデザインが2000種類以上あるので、選択して選ぶだけで衣替えもできます。

WordPressの管理画面の操作方法は記事作成次第、この記事下にリンクを記載します。

お名前ドットコムのWordPress作成はこれだけでプロレベルのデザインが完成できます。

これが手順の流れです。一見、長いようですがクリックしたり入力するだけですので、ネットショッピングで買い物ができる人は簡単にブログを公開できます。しかもWordPressはプロのクリエイター達がデザインしたものばかりですので、いきなり洗練されたデザインでスタートできます。

WordPressを作成したい人は下記のお名前ドットコムが簡単で安いので、ぜひ1度試してみてください。

お名前.com“"


PAGE TOP