沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

同じ日本発着の往復航空券でも海外で予約すると半額になるケースもある。実際の画像はこちら。

photo credit: AirFrance A340 approaching Princess Juliana Airport via photopin (license)

今回の話はクレジットカードを使って同じ区間の航空券が半額になる方法について書きたいと思います。ちなみに日本ではGW、お盆、年末年始などはボッタクリ状態で高いですが、海外にはお盆などはありません。なので海外で買うとお得になるケースもあります。まず証拠画像をご覧下さい。(もし海外で日本発着の航空券を予約したことのある方がいましたら、感想などを聞かせて欲しいです。

*旅行日程は2016年8月11日に東京を出発しニューヨークに向かい、8月15日に帰国するというパターン。出発時間も一緒です。

*日本のユナイテッド航空公式ホームページで東京からニューヨークの往復航空券を予約した場合の金額(最安値133720円に注目)
スクリーンショット 2016-07-31 18.54.47

*アメリカのユナイテッド航空公式ホームページで東京からニューヨークの往復チケットを予約した場合の金額(最安値763ドル。つまり77800円ということ。為替レートは2016年7月31日の金額です)
スクリーンショット 2016-07-31 18.55.54

おわかりになりますか?同じく区間で、同じ航空会社のホームページで予約しているのに海外のサイトで半額かそれ以下の安い料金になるんです・・・。これに気づいている人意外と少ないんですよね。

 ただ、この予約方法にもデメリットがあるので詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

なぜ日本で航空券を買うと高いのか?

これに関しては諸説あります。理由としては

1.安い航空会社が入ってきても大手航空会社は潰しにかけれる体力があるため。(スカイマークが出てきた時、みんな安くなり、潰れた後に値上げしたなんて話も)

2.行政もグルで新規参入を拒んでいるという噂

3.安全性、アフターフォローなどサービスを維持、向上するため。(実際、海外の方がトラブルが多いかも。日本の航空会社って何かと安心ですからね。)

4.税金や法律などいろんなハードルが日本では高いため。

5.日本人は英語ができないので、日本で買うしか選択肢が無い。また、休みもGW、お盆、年末年始しか無い人が多いので、結果として高値でも売れる。

などです。

 逆に海外では新規で航空会社が次々とできては倒産したり、欠航や事故などのトラブルも多いです。1番重要なのは安全ですから、ジャパンブランドを維持するためにもコストは致し方ないという考え方もあるのかもしれません。日本に来る海外のLCCなんかは就航してすぐ撤退したりしますからね・・・。

クレジットカードがあれば海外で航空券を買った方が遥かにおトクになるケースもあるが、デメリットもある。

今回の話は私はまだ経験したことないので、あくまでも本などからの情報になりますが、同じ値段なら海外の航空会社、旅行代理店で予約した方がお得になることもあります。ですが、デメリットもあります。それは以下のようなものです。

1.予約などは上記のユナイテッド航空のように日本語サイトを見ながら、英語サイトで予約すれば簡単にチケットを購入できるが、値段は為替に左右される。つまり、毎日値段が変動してしまうリスクもある。

2.何か質問やトラブルがあったら全部英語か現地の言葉でやり取りしなくてはならない。

という情報もネットなどにも書かれています。

 ですが、逆に言えば英語ができる人は海外で買った方が良いということになります。ただ、購入前にその航空券がきちんと日本発着で機能するのかどうか予め確認してから購入した方が無難でしょう。日本の空港で何かトラブルになれば、日本の支店がアドバイスしてくれたりサポートしてくれたりする可能性もあるからです。

 自己責任ですが、興味のある人はトライしてみてはいかがでしょうか?