飛行機やツアーのキャンセル待ちをして行ける確率の高い旅行代理店・航空会社一覧

年末年始やゴールデンウィーク(GW)、お盆や連休などは飛行機が混雑しますし、ツアーのほうもあっという間にキャンセル待ち状態になります。国内であれば札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇方面、海外であればツアーで人気のイギリス、ヨーロッパ(スペイン、スイス、イタリア、フランス、ポルトガルなど)、北欧(ノルウェー、スウェーデン、フィンランド)、アメリカ、ハワイ、グアム、中国(上海、香港、北京)、韓国のソウルなどでしょう。

 一応、こちらでLCCを含む飛行機の空き状況の速報、JTBなどの人気ツアーを取扱う旅行代理店沢山あるので、申し込みしようとしたところがキャンセル待ちならばこちらで予約してみるのも有りでしょう。随時チェックできますがこの記事では取扱が豊富なところを紹介し、少しでもキャンセル待ちしてでも行けるよう助けになれば幸いです。

年末年始、正月、お盆、GWなどにキャンセル待ちでも空きが出やすいところはココ

混雑期はどうしても航空チケット、ツアー共にキャンセル待ちが出ます。そこで少しでもそれを回避する方法なども書きますが、コツとしては

・ツアーであれば取扱商品が豊富なところを選ぶか、マイナーな旅行代理店で予約する。
・飛行機の座席であれば、1番速報が早いであろう航空会社の整理券を受け取る。
・飛行機の空席待ちをするなら、旅行代理店枠も狙ってみる。

この3つが最もメジャーな獲得方法ではないかと思われます。以下は個人的におすすめする飛行機・ツアー予約サイトになります。それぞれどういった特徴があるのかも頭に入れておくと、混雑期の予約できる確率が上がるかと思います。

国内線ならスカイマークエアランズを選ぶ

なぜスカイマークか?答えは簡単で日本航空(JAL)や全日空(ANA)とは違い、スカイマークには空席待ちの優先順位がないからです。全日空や日本航空は上級会員から優先的に座席を提供していきますが、スカイマークは先着順だからです。(詳しくはこちら

商品数が多いJTBや日本旅行、HISからツアーを予約してみる。

国内・海外旅行をツアーで回りたいならこちらにあるJTBや日本旅行、HISなどの人気店から選ぶというのも1つの方法です。大手旅行代理店だと飛行機をチャーターしたりするので、追加のツアー商品が出たりします。また、予約する人が多い分キャンセルする確率も高いので、出発日の30日前、ハイシーズンであれば40日前が狙い目かと思います。

 キャンセル料金はこの30日前、40日前から発生するので、掛け持ちで予約する人はどれか1つに絞るはずなので、この時期が狙い目となります。(例:8月1日出発であれば7月1日当たりが狙い目)

 上記のリンク先には他にも航空券+ホテルが安いイーツアーやエクスペディアなどもあり、オプションを付ければ日本語が通じる添乗員を付けたりできるので、おすすめです。

ツアー発売日を狙う。

最も確実にハイシーズンに座席や部屋を確保するには航空券・ツアー共に発売日を狙うという方法があります。発売する時期は

上半期:(夏休み、お盆、GWを狙う人)
ツアー:1月下旬~2月上旬~
航空券:2月上旬~中旬
              
下半期(年末年始・正月の帰省の人)
ツアー::7月中旬~8月上旬
航空券:7月下旬〜8月中旬

となっています。

 この頃にならないと値段も決まってこないので、発売日に狙うのも1つの方法でしょう。(キャンセル待ちのコツではありませんが)

その他の方法

上記以外の方法としては出発直前に出てくる臨時便を期待する、JRや新幹線に切り替えるなどの方法があります。私は東京から青森まで夜行列車を利用した経験もあるので、国内移動であれば急行を使うというのも1つの方法でしょう。

最近では飛行機のファーストクラス・ビジネスクラスのような夜行バスもあるので、こういったところで予約し、九州や北海道などに帰省するという方法もアリでしょう。

ちなみに私はレンタカー会社で働いた経験がありますが、申し込みは6月くらい、7月にはもう満車になっていた時期もありました。ですので、レンタカーを利用するなら飛行機と同様早めの早期予約をおすすめします。

個人的には営業所が沢山あるニッポンレンタカーなんかおすすめですね。


PAGE TOP