沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

エクスペディアのキャンセル・変更、再予約のやり方

エクスペディアでキャンセル、再予約したいという方はこちらから可能です。また、他の航空会社、もっと安い旅行代理店で探したい方はこちらも便利でおすすめです。

ちなみに名前(名字が逆)や生年月日、パスポート番号、日付(出発日・到着日)、行き先、人数、部屋、座席(エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラス、窓際、通路側など)、性別、国籍などを間違えたという人は早急に電話やメールなどをしたほうが良いです。訂正する際、無料で対応してもらえたケースなどもあるので、可能な限り交渉した方が良いでしょう。また、エクスペディアだけでなく、直接航空会社に連絡する必要性も出てくるかと思うので、予約が完了する前と後に何度も自分自身で確認してみてください。

スポンサーリンク

キャンセルと変更はオンラインでできるものとできないものがある。

エクスペディアの航空券やホテルをキャンセルしたい、または変更したいという場合、ネット上でできるものと電話のみという2種類の選択肢が存在します。電話の場合、日本人ではなく海外の日本語ができるオペレータがどうも担当するみたいなので、ゆっくり喋ってあげると確実に伝わるかと思います。

ちなみに各商品の対応は以下の通りです。

航空券:キャンセルも変更も電話のみ

LCCの航空チケット:「各LCCのホームページまたは各 LCCのコールセンターにて可能です」と書いてます。

ホテル:宿泊のみに関しては確認、キャンセル、変更全てネットで可能と書いてます。

航空券+ホテル:確認のみネットで可能で、キャンセルと変更は カスタマーサポートへの電話となります。

現地オプショナルツアー:確認とキャンセルはオンラインで可能です。ただし、変更に関しては「予約手続きを新たに行った上で、キャンセルをしてください
」と書かれてますね。

レンタカー:確認、変更はネットで可能で、「よくある質問をご確認の上、オンラインで予約をキャンセルしてから、新たに予約手続きを行ってください」と書いてます。

こんな感じです。また、海外旅行保険のキャンセルについても上記のリンク先で見れるので、詳しくはそちらをご覧下さい。

キャンセル料や返金できないというのは建前という話も出てるので、まずは交渉を。

エクスペディアはキャンセル料が取られる、ちょっと間違えただけで返金できないというケースもあるようですが、逆もあり予約後3時間で変更に関する電話したら「手数料無料で変更できた」という話までネット上にあります。(詳しくは「エクスペディア 建前」と検索すると出てきます。)

なのでもし、ちょっとした間違いならこういった事例を提示してみるのも1つの方法かもしれません。オペレーターは沢山いますから、時間帯を変えて別の人で交渉してみるというのもありでしょう。どの会社にもいますがマニュアル通りにしか動かない人もいれば、親切丁寧な人もいます。オペレーターの出身国によっても性格がかなり変わるでしょうから、電話をする前に作戦をよく練ってからかけたほうが良いかもしれません。

特にこれは旅行代理店に限らず、海外旅行をしても交渉によって値段が大きく下がるということはよくあり、日本人はかなりボッタクリにあう可能性が高いので、コミュニケーションは大きな武器となるはずです。私もKLMオランダ航空と空港で揉めて、荷物のオーバーウエイト片道代金を6万円のところ2万まで下げたことがあるので、海外では「良い人」になるのは避けた方が良く、強気で交渉に臨んだ方が良いケースも多々あります。(全部が全部ではないですが)

ちなみにKLMの場合、行きは2万円、帰りは6万円という状況になったのは正直わかりません。同じ重さなのにこれだけ金額が変わったのはいくつか理由があります。

1.日本を出発する際、日本人スタッフが間違えて6万円のところ2万円を請求してしまった。
2.スイスのKLMカウンタースタッフ(たぶんスイス人)が、マニュアル通りに6万円を請求した。
3.実は2万円だったのに6万円請求された。(差額の4万円はどこにいくのでしょう・・・)

という可能性が考えられます。

幸い、私は2万円で切った領収書を持っていたので、「これをコピーして、日本の空港に電話しろ」と私は言いました。私の後ろに列もできていない、出発の前日なのに相手は早口英語で喋ってきましたから、本当の意図はわかりません。英語が駄目な日本人をカモにしたい人も世の中沢山いると思うので、面倒な私は領収書を見せるだけで特に何も言いませんでした。

結果、1時間後くらいに「2万円で結構です」と言われ、行きと同じ料金で飛行機に乗れたわけです。

日本人同士なら細かいコミュニケーションができますが、海外の人は必ずしもそうはいきません。エクスペディアに限らず、外国の企業はこういったことは日常茶飯事なのでまずは交渉をしてみましょう。

*エクスクペディアの変更、キャンセル、再予約はこちら