沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

海外旅行者必見。GW、夏休み、年末年始でも値上げしないお得な航空券が存在する。

photo credit: Boeing 787 Dreamliner via photopin (license)

GWとか夏休み、お盆、シルバーウイーク、年末年始など大型連休や3連休は基本的に航空チケット価格が上昇します。ですが、

「1年間一定の料金の航空券が存在する」

というのをご存知でしょうか?

しかも価格は

「10万円台〜」

となっており、1カ国だけで10万以上使っている方などは大損している可能性があります。特にハイシーズンは高額なので、なおさらです。では、いったいどんな航空券なのかと言いますと

「世界一周航空券」

です。

 今日はこのチケットの裏技を書いてみようと思います。

スポンサーリンク

世界一周航空券はいろんなメリットもある

名前からして旅行初心者にとっては

・一気に世界一周するんだろ?高いだろ?
・世界一周する時間もない

と思いがちです。私も調べるまではそうでした。ですが、実態を調べてみるといろんなことがわかりました。ザックリとですが、こんなメリットがあります。

メリット1.旅行回数を分割して旅ができる。全日空のスターアライアンスグループの世界一周航空券であれば、日本には2回まで帰国することができ、有効期限が1年間と記載されています。つまり、ゴールデンウイークと年末年始の2回に分けたり、夏休みとGWに分けるなど、分割して海外旅行ができるようになっているわけです。(その他条件もありますのでご注意を)

メリット2.スターアライアンスの価格は2014年12月現在でエコノミークラスでの世界一周価格は347800円〜。安いところを探せば10万円台からもあります。ちなみにHISの場合は16万円台からあります。条件こそ違いますが、最短2週間で世界各都市を回り、地球を1周するコースとなっています。こちらも「1年間ピークシーズンでも、閑散期でもいつでも同料金」と書いてますから、有休を使えば行けなくもないです。新婚旅行や家族で世界一周なら旅行代理店の方が安いと思います。

メリット3.マイルが貯まる

条件こそあれど、有休などを使えばサラリーマンや公務員でも世界一周できるかも

自営業や会社のオーナーなど比較的時間に余裕のある人は問題ないでしょうが、サラリーマンでも公務員でもがんばってプランニングすれば世界一周を1年かけてできるのではないかと思います。条件の事例を出すと

全旅程で最低3回、最高15回(各都市1回のみ)まで可能です。ただし、アメリカ国内では5回、その他の国では3回までです。
日本国内では2回まで可能です。

となっていますので、工夫次第では世界一周、数カ国を1年で回ることが可能です。

 ただ、スターアライアンスの商品を使う場合、30万円以上しますので、例えば年間の旅行予算10万、20万円以下の人は逆に高く付いてしまいます。ですが、航空会社ではなく、旅行代理店で調べて、安いプランを見つけた方が

「平日と同じような値段で、なおかつ一カ所ではなく、複数箇所回れる世界一周航空チケットのほうが安くなる」

といったことが起きてくるのではないかと思います。

 宿泊代を安く済ませれば、複数箇所を回って一人当たり25万円以下も可能でしょう。

 要はどうお金を使うかの問題であり、回る国と都市の数を考えれば、値段が年中一定の「世界一周航空券」は魅力的な商品ではないかと思います。