JALのキャンセル待ちで飛行機に乗れる可能性・確率はどのくらいか。

結論から言えば明確な答えはないということです。空くときもあれば空かないときもあるので日本航空の公式ホームページで直接聞いてみるのが1番かと思います。または、こちらの比較的安い旅行代理店で探すという方法もあります。

安い早期割引航空券(スーパー先得など)は予め座席数が決まっていたりするのでどうなるかわかりませんし、出発の2週間前くらいになると旅行代理店はツアーの締め切りがあるはずなので、これを航空会社に返却する際座席が空き、空席待ちしているお客さんに割り当てられるはずです。ただし、日本航空のキャンセル待ちの場合、上級会員から優先的に乗れるのでその辺も考慮して行動しましょう。

キャンセル待ちで乗れない場合を想定しておく。

日本航空の場合、国内線であれば便数が多いのでまだ他の航空会社と比較すればキャンセル待ちで乗れる可能性は比較的高いかと思います。札幌などは便数も多いですし、時間帯が変わって乗れる可能性もあるからです。

ただ、GWやお盆、年末年始は帰省ラッシュ、旅行客増加で厳しくなることが予想されるため、

1.他の航空会社を選択する。
2.旅行代理店枠もあるので、こちらでひたすら探してみる。(個人で駄目でも旅行代理店の力で取れる場合もあるようです。あくまでもネット調べですが。)
3.日程や出発時間を変更してみる。

などの検討も必要でしょう。

空港まで行っても乗れる確率は5割という意見も

上記にある日本航空公式HPでもキャンセル待ちを受け付けていますが、空港まで行って待つことも可能です。ただこれに関しては諸説有り「乗れた」「乗れない」などの意見もあるようで、中には「キャンセル待ちで乗れる確率は50%」なんて意見もあります。

地方などの便、人気の国際線などは便数も限られますから、尚更確率が下がるでしょう。なので、まだ旅行に行く1ヶ月前、2ヶ月前、3ヶ月前の方がこの記事を見ているのであれば、他の交通手段、航空会社、旅行代理店で検討してみることもおすすめします。

大型連休なら臨時便の追加を待つ。

夏休み、冬休みの頃になると旅行需要が増加するのでジャルが臨時便を出す確率もあります。ただし、これも一部の区間だけだったりするので、常にホームページをチェックしないと行けません。

しかもギリギリに発表されるので、1ヶ月前の調整などが終了後が狙い目かもしれません。この頃になると旅行代理店枠のツアーの売れ残った席の返還などもあるようなので、1ヶ月前にもう一度日本航空の座席を見てみましょう。

もし出発まで一ヶ月を切っている状態で満席表示ならばほぼ不可能かと思います。別の旅行プランを計画してもどこも高額になっているので、やはり遅くとも2ヶ月前、3ヶ月前には第2候補の旅行も決めておき、キャンセル料金がかかる前に旅先を絞るという方法が最も確実に予約できる方法ではないかと思います。

国内、海外旅行ならこちらに沢山あるので他の旅行も検討してみてはいかがでしょうか?


PAGE TOP