沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

パリ旅行をキャンセル待ちして行ける確率と可能性。再予約の仕方。

GWや夏休み(お盆)、クリスマス、年末年始にパリ旅行を計画している人は非常に多いかと思います。飛行機とホテルのみを予約する個人からカップルや新婚旅行の2人旅、3人、4人、5人で家族旅行をする人、英語やフランス語などの外国語がまったく駄目でツアーの予約を検討している人など様々でしょう。

 ですが、ハイシーズンはどこの旅行代理店も満席、満室となります。今回はパリ編となりますがキャンセル待ちをして行ける確率はどのくらいか考えてみますが、個人的には連休で人気の時期は第2候補も検討すべきと考えています。まだ航空チケットの空きがあるかもしれない取扱店、その他豊富な旅行商品を取扱っているこちらのページが参考になるかと思います。以下の情報を参考にブックマークして探してみてはいかがでしょうか?

フランスはヨーロッパで陸続きなので鉄道で行くなんて方法もありますよ。

 また、エクスペディア、JTB、るるぶトラベル、スカイチケット、日本旅行、ヤジキタ、HIS、イーツアー、DeNAトラベル、JALツアー、アゴダ、じゃらん、ブッキングドットコム、ニュージーランド航空、スカイマーク、ANAツアー、楽天トラベルで再予約のやり方を知りたい人はこちらで修正することが可能です。

スポンサーリンク

直行便とツアーはキャンセル待ちが出る確率はたぶん少ない。他にフランスに確実に行ける方法はないのか?

日本からフランスへの直行便はこの記事を書いている時点では3社、いずれも東京の羽田空港と成田空港からの出発に限定されます。エールフランス、日本航空(JAL)、全日空(ANA)のどれかになり、しかも1日1便ほど。座席数は3社合わせても1000くらい、1日の輸送限界数がこの人数になってくるでしょう。二階建てのエアバス380があればもっと運べますが、この座席数で早い者勝ちになってくるので1年や半年前から予約していた人はそう簡単に予約をキャンセルすることはないと思われます。

 なので以下の記事を参考に直前予約でもフランスに行ける方法を検討してみましょう。

GWやお盆、年末年始、連休などは人気が高く飛行機やツアーはどこも予約でいっぱいになります。なので、人気のツアー商品や航空券はキャンセル待ちす...

フランスへの飛行機は沢山飛んでいるので、経由便で乗る確率を上げてみる。

基本的にGWやお盆、年末年始はツアーなどに人気殺到するので、経由便を狙う人が多いです。それでも満席なら

1.別の行き先を探すか
2.日程や時間をずらす
3.GWが駄目なら夏休みを予約する。
4.整理券をもらい、空港で待機する。

この4つしか行く方法がないでしょう、

 時間に余裕があるのであれば、船で釜山に行って、高速鉄道を使い3時間で仁川空港からフランスに行くなんて方法も無くはないですが、これができるのは福岡周辺に住んでいる人くらいでしょう。

 幸い、パリ行きの飛行機はスイス、イタリア、北欧、ロシア、東欧など世界各国から飛んでいます。LCCなんかもヨーロッパには沢山あるので、そこからパリに入る方法もアリでしょう。

混雑期でもパリに行ける裏技。それがオルリー空港。

日本ではシャルルドゴール空港(ロワッシー・CDG)がメジャーですが、ほとんどの人が知らないパリのオルリー空港を目指すという方法だとかなりチケットが余ってるかと思います。なぜなら日本で人気殺到するのがCDGだからです。しかも海外にはゴールデンウィークやお盆がないので、こちらの空港は常にチケットが余っている可能性が高いでしょう。

  たぶん、パリにあるオルリー空港を知って検索して航空券を買う人はまずいないでしょう。オルリー空港とは以下の場所にあります。

シャルルドゴール空港は北に位置しますが、パリの南はオルリー空港です。ここの空港もヨーロッパ各地や中近東、アフリカなどから直行便が飛んでいるので、こちらを知っている日本人はまずいないでしょう。また、オルリー空港とシャルルドゴール空港も列車で約1時間で移動できる利便性を兼ね備えており、もちろんパリ市内へのアクセスも充実しています。

 オルリー空港の片道、往復航空券や空港周辺のホテルなどは全てこちらにあるエクスペディアなどで日本語で予約可能なので、ぜひ調べてみましょう。ちなみに値段を調べてみたら安い航空会社はアエロフロート、アシアナ航空、エアベルリン、エミレーツ航空当たりでした。

  パリ市内やフランス旅行のガイドブックなんかはいろんな情報が載っているので、それらも参考にしてパリ旅行を楽しんでください。