沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

重要:アルペンスキー新種目・新ルールである「スプリントレース」の解説

photo credit: mattharvey1 via photopin cc

ここでは日本語版でヨーロッパカップで行われたアルペンスキーの新種目「スプリントレース」のルールについて解説します。場合によっては今後日本国内のFISレースなど2本の合計タイムから3本制に切り替わるかもしれないので、目を通しておいた方が良いかと思います。(今季ポイント部分(F値)が大幅に上昇した理由もこの新ルールが影響していると思われます。)

「新種目って何?」

と思う方はこちらを参考にしてください。

FIS新種目はアルペンスキー短距離走!冬季五輪、世界選手権、全日本選手権などに導入されるかも。

なお、ルールは国際スキー連盟公式のものを翻訳したものです。今後日本のレースでも導入される可能性があるので、気になる人はブックマークしておいてください。(永久保存版ですよ)ただ、翻訳に関しては私はニュースなどはわかりますが、ポールセットについては知らないことが多いので、アルペンスキー競技規則を見ながら書いたものです。自信の無いところは「自信がない」とか「?」と書いてます。記事後半の競技関係者向けの訳は間違っている可能性がありますので、修正があり次第、またツイッターやFacebook、Google+でお知らせします。(もし間違っていたら、お手数おかけしますが下記のブログコメント欄でご指摘、ご教授のほど宜しくお願い致します。)

スポンサーリンク

概要(選手やアルペンスキーファン向けの解説)

medium_4383198375
photo credit: jonwick04 via photopin cc
適用される種目:回転、大回転
*スプリントレースは最大3本GSまたはSLを滑ることになる。
1本目(予選):全選手参加。ポールセットは1本目用で行われ、従来通りの長さのコースを滑ることになる。スタート順は従来と一緒でポイント式で、トップシードは抽選となる。

2本目(準決勝):1本目30位以内の選手のみで行う。スタート順は1本目の速い人から順番に滑る。ポールセットは準決勝と決勝は同じになる。インスペクションは準決勝直前の1回のみで、決勝は準決勝後すぐ行われる。そのため、コースは1本目(従来)に比べ半分程度の長さになり、よりスリリングかつアグレッシブなレース展開になる。(ペナルティポイントの重要度は低くなるかもしれない。要は調子の良い選手がポイントを取れる仕組みにしていくという要素もあるかも。今季からF値が大幅に上昇した理由も、スプリントレースを今後全世界のFISレースに適用させるため、今季から数値を変えたのかもしれない。)

3本目(決勝):準決勝で15位以内の選手で競う。スタート順は2本目(準決勝)で15番目の選手からスタートし、2本目トップの人が最後に滑る。(昔のワールドカップ15リバースルールと一緒ですね)。なお、ファイナルは完走すれば順位が残る仕組みになっている。

準決勝・決勝競技の時間:
回転(SL):30秒程度
大回転(GS):50秒程度
コースについて:セミファイナル(準決勝)、ファイナル(決勝)は同じコース(ポールセット)を使うものとする。なお、使う斜面は同じものとする。

細かいルール(選手、ポールセッターや連盟、大会関係者向け)

medium_4387664458
photo credit: badkleinkirchheim via photopin cc

*ここからの翻訳はちょっと自信無いので、話半分程度で見てください。コメント欄に修正点が書かれれば修正していく形を取り、ソーシャルネットワークにてその都度お知らせします。
最終更新:2014年12月23日(更新箇所は青字になってます。)

3.Qualification run: the qualification run takes place on a slalom/giant
slalom course according to the ICR rules.
ICR(アルペンスキー国際競技規則)のルールに従い、GSとSLを行う

The Semi-final run use the qualification slope but with a different
course, nevertheless the vertical drop is reduced by using a lower
start. The ideally running time is around 30 seconds for slalom and
50 seconds for giant slalom.
準決勝は1本目(予選)と同じコース(斜面)を使う。しかし、ポールセットは変更される。2本目はスタート位置を低い位置にして、標高差を減らすこと。理想としてはスラロームは30秒程度。GS50秒程度で滑れるようにする。

The Final run takes place on the same course as the Semi-final.
For all runs, course setting respects ICR.
準決勝と同じコースを使う。コースセットはICRに準じたセットで行う。

4. Enrollment of Competitors / Starting list
The enrollment of competitors for the Qualification run (1st run) is
made according to the European Cup Rules.
この競技の参加条件はヨーロッパカップルールに基づく
Starting order of the Qualification run is made according to the
European Cup Rules 3.1 and 3.1.1 with two different draws in the
first group :1 to 7 and 8 to 15.
1本目の滑る順番はヨーロッパカップルール3.1と3.1.1に基づき、スタートゼッケン1番から7番までと8番から15番まで別々にドローイング(抽選)をする。

5. Execution of Sprint Race
スプリントレースについて

5.1 Qualification run:
予選について

Course setting and inspection: according to ICR.
Starting order: according to point 4.
滑る順番はICRポイント4に準ずる。
First 30 racers are qualified for the Semi-final.
予選(1本目)上位30人がセミファイナル(準決勝)へと進むことができる。
FIS points are awarded according to the Qualification results
(FIS level penalty is applied).
FISポイントが付与され、FISレベルのペナルティポイントが適用される。

5.2 Semi-final:(準決勝について)

Course setting and inspection (SL race) – due to the lower
start, the run has to be set as follows:
準決勝スラロームのインスペクション、ポールセットはスタート位置を低くするので、以下の決まりに従う。(準決勝、決勝はコースが半分近く短くなるので。)
・horizontal and vertical gates with 30%-35% (+/- 3)
direction changes;
旗門設定の進路変更(目安)は標高差の30~35%程度?(いろいろネットで調べ、たぶんこれでないかと思い、仮訳として掲載してます。)
スクリーンショット 2014-12-22 0.52.41
参考資料1:http://ski-akita.com/compe/alp/alp_pdf/rule110127_02.pdf
参考資料2:J-SPORTSアルペンルール解説

・one or two vertical combinations consisting of three or
four gates;
1つか2つのストレートポール(または4旗門がまっすぐ立つスーパーストレート)を入れる
・min. two hairpin combinations;
2つのヘアピンを入れる
・one delay gate combination.
1つディレイゲートコンビネーション(スルーゲート)を入れること
Course setting and inspection (GS race) – the GS run has to
be set according to ICR.
GSもICRに準じる
Starting time: to be defined by the Jury.
スタート時間はジュリーが決定する。

Starting order: according to the Qualification run results, with
new bibs handed over as follows:
o 1st place starts with bib number 1,
o 2nd place starts with bib number 2,
o 3rd place starts with bib number 3,
1本目1位の人は2本目1番、1本目2位の人は2番スタートとなり、1本目の速い人から2本目(準決勝)を滑ることになる。なお、同タイムの人も2本目に進むことができる。(つまり2本目は31人や32人になることもあるということ)

o until 30th place (or more in case of a tie)
First 15 athletes (based only on the time of their Semi-final
run) are qualified for the Final.
The final ranking from 16th to 30th place (or more if there was
a tie on 30th place in the Qualification run) is determined only
by the time obtained in the Semi-final. In case of
DNS/DNF/DSQ or “8% total time” (COC art. 4.3) Rule, the
results of the Qualification run will count for the ranking.
スタートしない選手、途中棄権、失格またはトップから8%以上タイムが離れた選手はここでランキングが決定する。

5.3 Final:(決勝について)
Course: the Final will be run on the same course as the
Semi-final.
Starting time: right after the Semi-final; no inspection is
needed.
Starting order: reverse order of the Semi-finals result:
o 15th placed in Semi-final starts 1st
決勝は準決勝(2本目)15位からスタート。
,
・14th placed in Semi-final starts 2nd
,
・ …….
・1st placed in Semi-final starts last.
The final ranking from 1stto 15th place (or more if there was a
tie on 15th place in the Semi-final) is determined by the total
time of the Semi-final and the Final runs. In case of
DNS/DNF/DSQ or “8% total time” (COC art. 4.3) Rule, the
results of the Semi-final will count for the ranking.
スタートしない選手、途中棄権、失格またはトップから8%以上タイムが離れた選手はセミファイナルの順位でランキングが決定する。
5.4 Protest time:
5 minutes after the last competitor (after each run).
レースへの異議申し立ては競技後5分まで。
6. European Cup Points
European Cup Points will be awarded according to COC Rules,
art.4, considering the final ranking as defined by art. 5.2 and 5.3.
ヨーロッパカップポイントはコンチネンタルカップルールに基づく

FIS公式のルールブック:SPRINT RACE (GS/SL) RULES

実際のレース結果・詳細はこちらを参考にしてください。
過去記事1:FIS新ルールのヨーロッパカップSLに湯浅直樹選手も出場。GSの結果とSLスタートリスト
過去記事2:SAJ公認大会にも影響する?国際スキー連盟(FIS)が2015−2016W杯から適用予定の新ルールをヨーロッパカップでテスト。(2014年10月に速報で第1報をこのブログで書きました)
過去記事3:FIS新種目はアルペンスキー短距離走!冬季五輪、世界選手権、全日本選手権などに導入されるかも。

『重要:アルペンスキー新種目・新ルールである「スプリントレース」の解説』へのコメント

  1. 名前:きたざわ 投稿日:2014/12/23(火) 14:11:20 ID:cc10887b5 返信

    読ませて頂きました。
    情報ありがとうございます。

    vertical dropに関しては、標高差だと思います。

    • 名前:柳田 秀樹 投稿日:2014/12/23(火) 14:25:11 ID:9fcb6b85f 返信

      きたざわ様、修正させていただきました。ご指摘ありがとうございました。