沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

GW、夏休み、お盆、年末年始に飛行機が満席になっても乗れる方法。キャンセル待ちで空席が出る確率はどのくらい?

ゴールデンウィークや夏休み、お盆、年末年始や連休は飛行機の座席が満席となり、空席が一切なくなりますが、ひょっとすると複数の旅行代理店で検索すると座席データが更新されるタイミングで空きが出る場合もあるので、こちらをブックマークして飛行機や列車、ホテルなどを探してみることをおすすめします。狙い目は深夜0時頃という説もあり、旅行関連各社はここで座席データを更新するみたいなので、試しに検索してみましょう。複数社を同時に検索できるアプリもありますが、最近は直接ホームページで検索するデータと違うという話も聞いたことあるので、各公式ホームページで確認してみることをおすすめします。

 また、キャンセル待ちをしても空かない確率も高いケースがあるので必ず第2候補、第3候補の行き先や日程変更なども視野に入れて行動しましょう。

 さて本題に入りますが以前もお話ししたことがあるかと思いますが、旅行業界の流れを知っていると満席表示になっても乗れる方法がいくつかあります。ただ、キャンセル待ちで乗れる確率はどのくらい?と聞かれることもあるのですが、数字を出すとこんな感じです。

「500人乗りの旅客機の場合、700人から800人のキャンセル待ちがある」

というケースもあるそうです。(あくまでもネット調べです)

 なので、せいぜいキャンセル待ちで乗れても数人なので、1%もいけば大台かと思います。ただし、各航空会社は「座席枠」というものを設けているので、これを知っておくと空席が見つかったり、航空会社の公式ホームページより安い航空券が旅行代理店などで見つかったりするので、今回はいろんなケースを書いてみようかと思います。

スポンサーリンク

たぶん1番空席を確実に予約できる方法はこれ。

飛行機の座席はザックリ言うと

「航空会社枠と旅行代理店枠」

があります。

よく国内や海外旅行に飛行機で出かけるとわかるのですが、旅客機の後ろの方がにぎやかなことないでしょうか。全部ではないですが、飛行機は前方が航空会社、後ろがツアーなどの団体客、つまり旅行代理店枠なのです。なので航空会社のホームページで満席と表示されても、旅行代理店の団体ツアー客でキャンセルが発生し空席が表示されることがあるので、こちらのような各旅行代理店でも同じ日程、時間で航空券を検索して、飛行機に空席がないか常にチェックしてみることが大切です。

ホテルやレンタカーなどと組み合わせればさらに安くなる

例えば安い航空券と言えばピーチアビエーションやジェットスター、エアアジア、バニラエア、春秋航空などを思い浮かべますが、確かに航空券のみを予約しようとするなら公式HPで購入するほうが圧倒的に安いです。しかもバーゲンセール時に購入すれば片道1000円〜2000円で、往復でも5000円以下、1万円以下で国内旅行、海外旅行なら2万〜3万円で可能になります。

ですが、これにはデメリットもあり宿泊とセット、レンタカーも使うのであれば逆に旅費が高くなる可能性があります。航空券、宿泊をセットで予約するなら旅行代理店での予約の方がトータルの予算が安くなるケースもあるので、各旅行代理店でもLCCから通常の航空会社の航空券を取扱っているのです。

旅行商品は物凄く幅の広い世界なので、同じ日程でも航空会社、旅行代理店によって数万円変わるケースもザラなので、必ず価格比較をして1番安いところで予約しましょう。浮いたお金でホテルの部屋をアップグレードしたり、場合によってはプレミアムエコノミーやビジネスクラスで旅ができる可能性もあるので、インターネットで検索しまくって探しましょう。

航空会社の整理券を取ってひたすら待つという方法

さて、話をキャンセル待ちの話に戻します。

よくあるのが航空会社のキャンセル待ちをひたすら待つという方法です。ただ、待っているより、自分で行動して座席が空いている航空会社をどんどん検索で探した方が時間の無駄にならないのではないかと思います。どうしてもJALやANAの国内線、国際線でないと駄目なんだという人は待つしかないでしょうが、たいていの路線は複数の航空会社が運行しています。

待っていても乗れる確率はかなり低いので、別の交通手段なり、上記で説明した旅行代理店での予約も検討してみるのが得策ではないかと思います。

直前予約になるが臨時便を待つ。

-shared-img-thumb-UNI85_amenohinofly15073605_TP_V

各航空会社はGWや夏休み、お盆、連休、年末年始や冬休みは書き入れ時です。よくテレビでは「今度のGWは最大10連休です」と報道されますが、この日数によって各航空会社は飛行機の数、座席数を計算し、満席にするように調整します。

その1つの方法が臨時便というやつです。需要があまりにも高い、まだ利益が見込めると思えば、臨時便を出します。航空券の発売時期はまちまちですが、だいたい1ヶ月前前後と2週間前前後がピークかと思います。(GWなら4月20日以降に臨時便の航空券が販売される)これだと新たに全席空席という状況なので、空いてる座席を巡って争奪戦となります。この臨時便に関しては航空会社のホームページか電話くらいしか予約する方法がないので、常に公式ホームページを確認してください。

ただし、1つデメリットがあり航空券の代金は直前予約だけあって高いです。それでも売れるんでしょうねー。

予め隠している座席を狙う

ハイシーズンは航空券の料金が高くなっても売れるので、できるだけ高い値段で売りたいと各航空会社は考えています。これを調整する人が各航空会社におり、ハイシーズンの時期はいかに高く売るかの腕の見せ所となります。

上記のように臨時便を出すというのも1つの手ですが、各飛行機の便には「隠れ座席」が存在します。主に緊急時などで使われますが、航空会社の都合で数席確保されていることがあります。つまり、

「満席と表示されていても、数席は空席という状況を常に作っている。」

わけです。

満席とはあくまでも航空会社の販売枠が満杯になったというわけで、予備の座席が存在します。その予備の座席とはファーストクラスだったり、ビジネスクラス、プレミアムエコノミー、エコノミークラスの一部だったりします。

私も経験があるのですが俗にいうオーバーブッキング(*1)という状況で、運良く国際線のエコノミークラスからビジネスクラスに無料でアップグレードして帰国したことがありますw

*1:オーバーブッキングとは航空会社側が500人が定員のところ500人以上過剰予約することを言います。予めキャンセルが出ることを見越して多めに座席の予約数を確保し、満席にすることで利益を確保するのです。私の場合、エコノミークラスが満席となったので、空席があったビジネスクラスに乗せられたというわけです。ちなみに友人はエコノミークラスからファーストクラスになったと自慢してました・・・シカゴから東京の飛行機だったそうです。いいなー

ただ私の予約経験から言えば、当時このエコノミークラスからビジネスクラスのアップグレードはKLMでした。オランダのアムステルダム空港から新千歳空港までだったのですが、航空券予約をした時期は2ヶ月くらい前だったと思います。つまり、私が往復航空券を予約した時点で空席とホームページには表示されていても、実際に搭乗したらすでに飛行機は満席だったというわけです。(私が予約した後も空席表示されていたので、おそらくそのお客さんは別の便に乗せられた可能性もあるかなと・・。またはキャンセル待ちになってちょうど満席で飛んだのかもしれません。詳細は不明ですが、こういった目には見えない調整を航空会社は行ない、満席にして飛ぶようにするわけです。飛行機に空きがあったらその座席の利益は0円ですからね。)

ツアーの空きを狙う。

これもよくあるようですが、飛行機の座席を狙うだけでなく、旅行代理店枠の空きを狙うという方法もあります。JTBや日本旅行などはツアーを抱えていますが、同時に国内・海外航空券も販売してます。

おそらく、ツアーで空きが出た座席は航空券の検索結果に「空席」と表示される仕組みができているはずです。ただし、旅行代理店で取扱う航空チケットの種類は「格安航空券」なので、万が一飛行機が欠航となっても返金されないはずです。

航空券には大きく分けて2種類あり、航空会社が取扱う正規航空券と旅行代理店が取扱う格安航空券があります。前者は返金に応じてくれたり、行き先が変更できたりする分高いですが、旅行代理店の格安航空券はそういったものが一切ないです。なのでその分安いのです。

運が良ければ航空会社の航空券価格より安い値段で旅行代理店でチケットが手に入るかもしれません。これも1つの方法です。

まとめ

いろんな方法がありますが、とにかくキャンセル待ちの飛行機の座席に乗れる確率を上げたいのであれば、24時間インターネットで航空券を検索しまくることです。いくつかのブラウザを立ち上げ、検索画面にしておくことで各航空会社や旅行代理店などにアクセスしやすいようにするしかないように思います。

だいたい深夜0時だったと思いますが、航空会社や旅行代理店の座席データが更新されるので、深夜の時間帯を狙って1番空席が見つかりやすい時間帯にアクセスして検索するしかないと思います。このほうが電話予約や整理券をただ待っている、朝早く空港に行ってキャンセル待ちで並ぶより効率的で早いような気もします。

一応、私が知っている飛行機のキャンセル待ちの座席確保の方法をまとめてみました。参考になれば幸いです。(下記のボタンでシェアしてもらうとありがたいです。知ってる人あまりいないので・・・)