重要:全日本スキー連盟(SAJ)、2015−2016国内アルペンスキールールさらに修正

photo credit: Annie Winquist – NM i Trysil via photopin (license)

先日、FIS/SAJ公認大会アルペンスキーレギュレーションサイズ規定一覧(2015−2016ルール)を掲載しましたが、6月10日に全日本スキー連盟(SAJ)がこのルールを取り下げていたことを発表しました。

スキーメーカーとの兼ね合いもあるのかもしれませんが、一部修正となったので修正箇所を掲載しておきます。なお、上記のレギュレーションの記事の方も修正しておきます。

引用:
5月24日の平成27年度春季アルペン部技術・運営委員会において審議され決定いたしました「2015/2016シーズンマテリアルルール変更について」5月29日に一度通知いたしましたが内容に一部修正があったため取下げをいたしました、再度修正したものを通知いたしますので下記についてご確認の程何卒宜しくお願い致します。

修正箇所:
修正前 U14GS ⇒最大スキー長 188cm ラディウス R≧17
■スキー長・ラディウス共に義務づけ

修正後 U14GS ⇒最大スキー長 188cm ラディウス R≧17
■スキー長・ラディウス共に 15-16シーズンは推奨
参考記事:【修正再通知】2015/2016シーズンアルペンマテリアルルール変更について
参照:
2015/2016シーズン スキー用具に係る国内運用ルールについて(PDF)
FIS競技用品ルールの抜粋(PDF)

要はU-14のGS部分が修正されたということです。

今のところ特にそれ以外の変更案はなさそうですが、また何かあればスキー場旅行記ブログ並びに下記のアルペンスキー速報(Facebook)にてお伝えします。


PAGE TOP