このページでは超初心者でも簡単にワードプレスを短時間で作れる方法をまとめています。また、どこで作るのかも重要になってくるので、専門書などに出...

ワードプレスブログにアクセスがまったく来ない場合の解決方法

ワードプレスまたはブログを公開したのにまったくアクセス数が上がらないということはよくあります。ですが、結果があるということは必ず原因があるのできちんと精査してみることが大切です。

あなたのブログにアクセスが来ない原因と解決方法

ざっと挙げてみるとこんな感じでしょうか。代表例を挙げるので、解決方法も記載しておきます。

記事数が50もないのにアクセスが来ないと嘆いている。

中には1記事とか5記事しか書かないでアクセスがまったく来ないという人もいます。そりゃそうです。検索エンジンが評価し始めるのは100記事を超えた頃ですから。ただし、文字数が多い、情報が充実した記事を書いて30記事でアクセス数1日1万を超えるなんて成功例もあるようなので、必ずしも記事数がアクセス数に比例するということはありません。

 welq問題もあったように、Googleは文字数と内容(キーワードの量も)も見ているので、1記事で沢山の検索にヒットさせるのであれば関連キーワードを全て盛り込むような記事作成が重要な時代だとは思います。ただ、SNSの読者を集めることを重視するのであればたった1行でもアクセスが集められるので、ブログ記事を書く際は

「検索で来る人に対して答えがしっかり書いてある文章量であれば十分」

と思います。

 むやみやたらに文章量を長くしても最後まで読まれませんし、長い文章が駄目という人もいるので、1000文字以上あれば十分ではないかというのが私の考えです。

文字数が足りない。

ツイッターのようにつぶやくだけのブログはアクセス数がそもそも集まりません。理由は簡単で、文字が少ないので検索にも引っかからないためです。なので、上記でも述べたように最低でも1000文字は欲しいところ。検索キーワードに対して適切な答えが書いてある、付加価値もあるような記事作成が今の時代求められているのではないかと思います。

ドメインレベルが低い。

このブログも最初そうでしたが、リンクがそもそもないところからワードプレスはスタートするので、最低でも1日30アクセスが検索経由で来るには半年はかかると思ってください。記事数にして30記事、1記事当たりの文字数はだいたい2000字です。

 なので、少ないお客さんに満足してもらえるよう、アクセスがない間は執筆期間と思って、過去記事を記事下にまとめるなどの工夫をして読み応えのあるブログに仕上げておくとリピートする確率は増えるでしょう。(このブログがまさにその形式です)

 うまくいけばはてなブックマークされ、一気に検索流入が増えるかもしれないので、1つ1つの記事を丹念に書いて、過去記事を読ませ滞在時間を増やす努力をしてみてください。

ブログがきちんと継続されているか、濃い内容を書いているかを検索エンジンは見ています。

特にドメイン取得後の半年期間はスパムサイト(儲けるだけのゴミサイト)ではないかをGoogleは見ています。ある一定の期間に諦める人はたいてい本気で取り組んでない人ということがGoogleはわかっているので、新規ドメインに対し様子を見る期間を設けているのはほぼ確実です。

 早い人で3ヶ月、長い人で1年くらい検索結果にまったく出てこないという現象がありますが、この期間は建設中だと思って、しっかりとした作品に仕上げる時期だと思って取り組んでください。

 どうしてもアクセス数が欲しいという人はツイッターとFacebookのドメインが強いので、そちらを優先的につぶやいていき、ブログ記事へ誘導していくという方法もありますが、個人的には全てブログに落とし込んでおいた方がお金にもなるので、なるべくブログに書いていくことを勧めています。

 また、SEO対策とか様々な集客テクニックについて知らないという人はプロブロガーの技術をきちんと習得して勉強することもおすすめします。

 物事には必ず基本があるので、まずはそれを勉強しましょう。