このページでは超初心者でも簡単にワードプレスを短時間で作れる方法をまとめています。また、どこで作るのかも重要になってくるので、専門書などに出...

ブログやアフィリエイトで結果が出ないブロガーの特徴

ブログを作ったのはいいけど、何を書いて良いのかわからない、更新できないという人多いです。また、ブログを始めて3ヶ月、半年、1年経ったけどちっともアクセス数上がらないし、アフィリエイト収入も発生しないという人も非常に多いです。

そもそもネットの世界に向いている人ってごく少数なんですよね。不動産や株、飲食店、銀行員、なんでもそうですがブロガーとかアフィリエイターに向いている人、素質とでもいいましょうか、そういった性格は存在します。

今日はそんな話をしたいと思います。

短気人はそもそもムリな世界

短気な人、すぐ結果を求める人は大勢います。特に

・ギャンブルが好きな人
・一発大逆転を狙う、ギラギラ系の人

こういった即効性のある人はノウハウコレクターで終わるか、物事長続きしません。ブログも1日や2日で結果の出るものではないし、10年経っても稼げない人もいます。

タダ働きする覚悟がある人、または好きで続けられる人のみ結果を出せるかもしれないという世界です。

継続は大切だが、努力の世界に浸ってはいけない。

体育会系にギャンブル好きが多いという記事をどこかで見たことがあるのですが、スポーツの試合はある意味で博打の世界です。オリンピックとか世界チャンピオンになれる確率は少ないのに、多額のお金と時間を費やして練習するのですから、ある意味でこの行為自体ギャンブルでもあります。ですが、人は

努力している姿は美しい

という世界に属しているので、叶わないはずの世界に賭けていきます。(ビジネスの世界は逆で、全ては「結果」です。美しいか苦しいかとかは銀行は見てくれません。)かくいう私も1年にアルバイト代50万以上スキーにつぎ込んでましたから、ギャンブラーの要素は普通の人よりも強いのかもしれません。ただ、他のスポーツ選手と違うのは

「スキーをマネタイズするためにやっていた」

ので、「勝つ」ということは2番目に過ぎませんでした。多額のお金と時間を投じるわけですから、回収はしないと駄目でしょというのが私の考えだったわけです。あれだけの苦しい練習と時間が水の泡になってしまっては意味がないと思っています。

そんな性格の私でしたので、ブログで元を取る、利益を得続けるという生活になったわけですが、こうなるにはスポ根(スポーツ根性)とかまったく意味が無くなります。

そもそもITとは高度な知識が必要であり、文章力、マーケティング、プログラミングなどの知識が最終的には必要になるわけです。コンピュータが苦手という人は未だに多いですが、新しい価値観や考え方を取り入れることができない人はそもそも向かない世界なのです。

ブロガーはビジネスオーナーの世界。入ってこれる人はごく少数。

15年以上前に日本で大ベストセラーになり、未だに本屋さんにいけば必ず置いてある金持ち父さん貧乏父さんですが、この本の中で今の世の中を4つの世界に分類しています。

表の世界
従業員
自営業者

裏の世界
ビジネスオーナー
投資家

表と裏というのは私が勝手に付けた名前ですが、要は都市伝説なんか出てくる「世界を操作する人間」は裏側の人間になってきます。こちらの世界に行くにはシステムを作る、またはシステムに投資するといった知識や能力が必要で、世界をコントロールする力を持っています。

 私が運営するスキー場旅行記ブログもニュースを投稿するだけで世の中が大きく反応しますが、そういった「システム」を作り出せるのがビジネスオーナーや投資家なのです。一方、表側の人間である従業員や自営業者といった人達は

「システムの一部」

になっているので、自分自身が働かないと収入が途絶える人達を指します。裏側にいる人間は働かなくても収入が入る仕組みを作れるので、この

「勝手に収入を生み出す仕組み」

を作る能力や知識がないとブログやアフィリエイトを通じて不労所得を発生させることは不可能になってきます。せいぜいSEOで上位表示している最中やツイッターやFacebookで投稿したときだけ収入が発生するという状況がほとんどではないかと思います。

考え方が違うから住む世界が違う。あなたの友達はどういう人?

友人を見ればだいたいその人がどの世界に属してどういった考え方や生活をしているかわかってしまいます。金持ち父さんの本はそういった異なる世界の人の言葉も紹介していますが、単純に成功したければ成功者の行動や考え方を取り入れるしかありません。

 書店で売っている本などはほとんどが、

・良いコンテンツを作りましょう。
・SEO対策をしましょう。
・ソーシャルネットワークでアカウントを取得しましょう。

といった当たり前のことしか書いてません。

 もちろん、これらは「できて当たり前」の話です。問題はその先であって、全てはシステム(仕組み)にあります。これが作れるかどうか。そうなってくると今までとまったく違う考え方、モノの見方も必要になってきます。

  多くの人は従来通りの考え方でそのまま入ってくるので、ネットの世界で結果が出せないのでしょう。広告をペタペタ貼る人はF1ドライバーやスポーツ選手のウェア広告のような貼り方しか見たことがないので、それをそのままネットに持ち込んでいるわけです。

 つまり、過去の知識や情報をそのままネットに当てはめているので、ほとんどの人はブログやアフィリエイトで結果を出せずにいるのです。これはあくまでも1つの事例ですが、他にもきっとあるはずです。

ブログやアフィリエイトはどちらかといえばアーティストではなく、プロデューサー的な視点が必要になります。まだこの違いがよくわからない人は金持ち父さん貧乏父さんシリーズを読んでみましょう。

「本はムリ」

という人はブログもムリです。そもそも読めない人は脳の中の情報量が少ないので、ブログのネタも出てこないのです。この時点でムリと思ったらブログやアフィリエイトはさっさと諦めましょう。