沢山の航空券、ツアー、宿泊の予約、お土産からガイドブックまで取扱っております。旅行や出張、遠征の際にぜひご利用ください。 ガイ...

ワードプレスブログで安定したアクセス数とお金を稼ぎたいなら30年先も読まれる記事を書くこと。

スキー場旅行記ブログはここ数ヶ月バズ狙いの記事をほとんど書かなくなりました。集客や被リンク獲得を狙うなら速報が有利なのですが、コンテンツ製作のAI化が進むのであれば、今後ニュース速報などは全て人工知能に置き換わると思われますし、すでに一部のメディア記事は人工知能で書かれています。

昨年はwelq問題も起き、今はネイバーまとめなどもありますが、いわゆるまとめコンテンツは人気を得やすい反面、こういったことは人工知能が得意としている分野ですのでいずれ淘汰されると見ています。

 むしろ、ITが進化すればするほどロボットがなかなか活躍しづらい、リアルな人間社会のコンテンツが今後価値を増していくと考えており、大会企画などもブログ上で開催し、10年、20年後を考えた戦略にシフトしつつあります。

スポンサーリンク

ビートルズやクラシック音楽はなぜ今も愛されるのか。

諸説はいろいろありますが、今でもビートルズとクラシック音楽が流れる理由の1つにBGM効果があります。別の言い方をすればステルスマーケティングになるのですが、BGMとして使われる曲というのはメガヒットこそなくても長い間売れる原因になり得ます。カフェやお店、テレビなどで使われやすいBGM系音楽は結果的に多くの人の日常で耳にすることになるので、そのまま購入というビジネスモデルになっていると思われます。

 しかも長い間売れるので、テレビでも多くの人に馴染みのある音楽としてビートルズやクラシックが使用されるので、ここでまた売れるという好循環を生み出すわけです。

 この手法はブログや動画などクリエイターがコンテンツから権利収入を生むときに役立つテクニックとなるわけです。

ビートルズやクラシック音楽のようなコンテンツとは何なのか?

それは

検索され続けるキーワードが入ったコンテンツ

に尽きます。

 例えばスキー場旅行記ブログの人気コンテンツの1つにスキー上達方法というコーナーがあります。

 スキー人口が存在する限り、上手くなりたいという需要は常にあるので、このようなコンテンツは常にアクセスを集めます。一方、ニュースは1度見たら終了なコンテンツなので、2、3日すればアクセスをまったく生まないコンテンツとなるのです。そういったコンテンツはほとんど私は長文でない限り、検索結果に乗せないようブログ記事をnoindexにします。

 Googleはブランド向上のためにも高品質コンテンツだけを掲載したいという方向性を示しているので、検索向けとSNS向けのコンテンツに最近はハッキリ分けて運営しており、この記事などお金に直結するテーマはスキーのSNSでは流さないようにしています。

検索で読まれるコンテンツの量産は不労所得も増やす。

最後にまとめとなりますが、要は爆発的なブログの成長はないにしろ、確実に1記事当たり1日1アクセス〜5アクセス増やすよう記事設計をしているのがこのブログの特徴です。100記事書けば100〜150アクセスは月間でアップするので、1年続けると更新せずとも1日1000アクセスを超える計算になります。アクセス数は決して多くはありませんが、

・お金
・アクセス

の両方を生む1000アクセスは質の高い戦略と捉えているので、今これを毎日実践してゆっくりと成果が出始めている最中です。ちなみに息の長いコンテンツ製作に関しては下記のタクスズキさんも本の中で推奨していますので、ぜひ1度手に取って見てください。